落葉の季節


紅葉して、落葉して、また春が来たら芽吹く。
人の一生からは想像もつかないほど長い間、
植物はこれを繰り返してきた。
「 なぜ同じことを毎年繰り返すのだろう 」
「 なんでこんな面倒な仕組みなんだろう 」
この季節には、そんな疑問がふと頭をよぎる。

ひとつのものが終わり、また新しいものが生まれる。
この世の生命の仕組み、それは私たち人間も同じ。
もともと終わりがあって始まったもの。
なんて儚いんだろう。
一枚の葉がまた落ちる度に、憂世を思う。
分かってはいても「なぜ生死を繰り返すのか」、
「なんでこんなに悲しい仕組みなんだろう」って、
神様に問いただしたくなる。

落葉の季節、そして春の開花の季節に
心がこんなに動かされるのも、
人の一生と重ね合わせているからだろうか。
すべては終わっていく、でもだからこそ美しいのだろう。
生きていることとは、輝いていて美しいのだ。
植物を見ていると、そんなことを言っているような気がする。

そして今もまた目の前で時が過ぎ去っていく。


e0158628_057574.jpg

写真 :吊花の鉢植え、裏白の落葉、イタリアンベリーのドライ
makina67, KODAK PORTRA NC


-------------------------------------------------
KiKusa
Botanical Art
by KiKusa-note | 2011-12-13 00:59 | KiKusa


<< 「 48の植物リース 展 」終了 「 4 years Poter 」 >>