「 春の山風 」の展示、今週は大阪へ


植物風景。
さらさらと降る春雨に濡れて、田虫葉(たむしば)の若葉の上には透き通った雫が光輝く。
葉裏には濡れないように虫が隠れていて、まだ冷たさのある雨を凌いでいる。
枝と枝の間には、すぐさま蜘蛛が放射状の円網を張る。
そうした自然の営みに膝を曲げて近づいてみると、この世界の謎に気付くことがある。

e0158628_15241044.jpg

写真:蔓紫陽花(つるあじさい)の鉢植え

-------

松阪のRESTAURANT CULTIVATEさんと、津の喫茶tayu-tauさんでの展示では、
お脚を運んでいただき、ありがとうございました。
2店舗ともそれぞれ個性ある雰囲気で、気持ち良く展示させていただきました。
どちらでも、美味しい料理をいただいたのですが、皆さんにもぜひお勧めします。

e0158628_15244456.jpg
e0158628_15244775.jpg
e0158628_15251235.jpg

写真:展示風景(RESTAURANT CULTIVATE)


e0158628_1441369.jpg

写真:展示風景(喫茶tayu-tau)


展示が始まってからこの2週間、春の山の景色も一気に変わりました。
木の芽は葉へと成長すると、山も淡い緑色へと色付いて、
眺めていると清々しい気持ちになります。

「 春の山風 - 山景色のリースの連作 - 」の展示販売会とworkshopは、
今週26、27日に大阪・南堀江のデゴノワへ巡回します。
workshopの方は全てご予約いただいて埋まっておりますが、
2日間とも作家2人が在廊しますので、ぜひ展示も観にいらしてください。
オープン時間、26日(土)11時〜19時30分、27日(日)11時〜18時。

展示では、山の風景を紫陽花の環で再現した「山景色のリース」の連作がたくさん並びます。
野山の鉢植えも持って行きます。春の鉢植えは本当に愛くるしいです。
春を題材にした過去の展覧会作品のリース、ドライ植物オブジェ、写真カード作品、
ヨーロッパアンティークの古紙などを展示販売します。
自然が作り出すものはどれも他にひとつとはないものです。すべて即売になります。
植物は贈り物などにも喜ばれるので、お考えの方にもお勧めのものをご用意しております。

新作のポストカード作品「 POSTCARD < monotone > 」も今展で発表しています。
セピア調でシルバー掛かったような落着いた雰囲気のあるポストカード作品です。

e0158628_15254795.jpg

写真:山景色の紫陽花リース No.11

------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2014-04-21 15:41 | KiKusa


<< 「 お茶を飲む傍で楽しむ木と草... KiKusa 春の山風 >>