「 花から枯れゆく紫陽花 」


6月の紫陽花の季節に植物づくりの会(workshop)を開催します。
7日(土)、8日(日)大阪・内本町のギャラリーのSHELFさんへ出張します。
さらに次週14日(土)、15日(日)は、レストラン カルティベイトさんでも開きます。
募集は定員がございますのでご希望の方はお早めにご予約ください。
どちらも、KiKusaの展示もありますので、ぜひどうぞ。

-----

e0158628_2161262.jpg
e0158628_2163411.jpg

写真:花から枯れゆく紫陽花リース(花を切取って6時間後の姿)
workshopでは使う紫陽花が異なることもあります


KiKusa
花から枯れゆく紫陽花

花が枯れゆく姿にも趣がある。
茶の湯にある「冷凍寂枯(れいとうじゃっこ)」という美意識や、
連歌・俳諧の季語に使われる「枯蓮(かれはす)」、
日本庭園に用いられる「枯山水(かれさんすい)」「枯滝(かれたき)」などと、
古くは「枯れ」にある美学を重宝してきた。
紫陽花の花が終わりゆく姿にも「枯れ」を感じてみたい。
満開の花もいつかは枯れ、ゆく紫陽花の季節に思いを馳せる。


- 植物づくりの会 (2014年6月 workshop) -

「 花から枯れゆく紫陽花リースづくり 」

紫陽花の季節に、生花を使ったリースづくり。
世界ではハイドランジア(Hydrangea)の名で、よく知られている紫陽花。
ギリシャ語の「水」を表すヒドロ(hydro)と「容器」のアンゲイオン(angeion)
とからなり、水をたくさん吸収するという性質から名づけられた。
そんな瑞々しい鮮やかな西洋紫陽花をラフィアで編んで作る。
生花から乾くと劇的に変化して落着いた色合いのドライのリースになる。
ゆっくりと枯れゆく紫陽花の姿に自然の情緒を見つける。

料金/¥6,000(材料費込、飲み物付)

---

< 場所/大阪 SHELF > 定員 各8名
・6月7日(土)午前の部 10時30分〜
・6月7日(土)午後の部 14時〜
・6月8日(日)午前の部 10時30分〜
・6月8日(日)午後の部 14時〜

この2日間はKiKusaの展示販売(13:00〜18:00)もしております。
どなたもご来場いただけます。

SHELF
大阪市中央区内本町2-1-2 梅本ビル 3階
http://www.shelf-keybridge.com/index.html

---

< 場所/三重 RESTAURANT CULTIVATE > 定員 各7名
・6月14日(土)14時30分〜
・6月15日(日)14時30分〜

CULTIVATEさんの「雨のもよう 展」(6/14〜7/13)に
KiKusaも展示参加しています。

RESTAURANT CULTIVATE(レストラン カルティベイト)
三重県松阪市嬉野下之庄町1688-5
http://homepage3.nifty.com/restaurant-cultivate/
遠方からお車の方は、伊勢自動車道 一志嬉野インターより約5分。
大阪・名古屋方面から電車をご利用の方は、近鉄 大阪線・名古屋線
「伊勢中川駅」より、タクシーで約5分。

--------

ご予約・お問い合せ
お電話 / 0598-67-0524 (KiKusa)
メール / kikusa@mctv.ne.jp (KiKusa)

workshopは2時間半くらいになります。
作った物は持って帰っていただけます。
定員になり次第、募集を終了させていただきます。
ご希望の方は、お早めにご連絡ください。
尚、ご予約後のキャンセルにつきましては
お断り致しますので、ご予定のご確認をお願い致します。

------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2014-05-12 22:39 | KiKusa


<< 「 KiKusa 紫陽花飾り 」 「 お茶を飲む傍で楽しむ木と草... >>