いや重(し)け吉事(よごと)


KiKusaの「伊勢のしめ縄づくり」には、今年も70人以上の方にご参加いただき、
ありがとうございました。
年の終わりに、みなさんとご一緒に植物に触れ合う時間を楽しめました。
この国の先人の新年を迎える心構えをあらためて感じる機会になりました。
良き植物の文化慣習を、さらに広く長く繋げていきたいなと思います。

-----

今年もたくさんの方に支えていただき、植物の藝術を進めることができました。
三重の松阪を拠点に、大阪や名古屋に出張して、たくさんの初めての出会いもありました。
それでも松阪に来ていただく場所がないことは、もどかしい限りです。
その想いを来年に繋げたいと思います。
今年も、ありがとうございました。

「 新(あらた)しき年の初めの初春の今日降る雪のいや重(し)け吉事(よごと)」は、
万葉集の最後の歌で知られる。
759年の正月に因幡国庁で大伴家持(おおとものやかもち)が詠んだ歌。
新年に雪が降るのは豊作の良い兆し。良いことが重なってゆくようにとの想いを詠った。
この頃、政変によって都を追われた家持は失意の中にいたはず。
どのような想いで吉事(よごと)を願ったのか。
家持が編纂に関わったとされる万葉集の最後にこの歌を選んだことも、
大和歌の伝統がとこしえにつづくことへの願いが伝わってくる。

次の一年も、吉事が重なりますように。

-------------------------

KiKusaでは、年間の売り上げの1%を、困難な環境を生きる世界の子供たちを支援する
特定非営利活動法人「ワールド・ビジョン・ジャパン」へ寄付の対象にしています。
展覧会や全国からのご注文などのご購入や、
植物づくりの会へのご参加のすべてが対象となります。
皆様には、KiKusaでご購入いただくことで、この活動に参加いただけることになります。

2014年の売上分も「児童保護募金」に寄付させていただきました。

-------------------------

KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
mail kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2014-12-31 23:58 | KiKusa


<< 常緑 (じょうりょく) 寒昴 >>