常緑 (じょうりょく)


今年もどうぞよろしくお願い致します。
大寒も過ぎて一年でもっとも寒い季節です。
季節を表す七十二候(しちじゅうにこう)では、
「款冬華(ふきのはなさく)」蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す頃
「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」沢に氷が厚く張りつめる頃
なかなか寒そうですが、2月4日の立春までもあともう少しですね。

---

寒さが増々進むほど、太陽が好きになる。
太陽の陽射しを浴びる。
身体の回りから暖かくなって肉体の奥まで届く時、
幸せな気分になる。
植物が感じる生きる喜びとはこういうものか。
枝葉が日に向かって伸びる姿は、
太陽に手を伸ばし喜び上がるよう。

最近、常緑樹が好きになった。
常緑植物とは年中に緑の葉が付く植物。
葉が落ちずに変わらないのではなく、
いつも新葉と落葉を繰り返し常緑を保っている。
太陽のように常に生まれ変わる姿は、常磐=永遠性を表す。
花咲く常緑樹がつくる垣根には、
粛々とした生命感が溢れている。

e0158628_1223766.jpg
郁子(ムベ)の鉢植え

---

KiKusaのカレンダー「 KiKusa 2015 Calendar 」もまだもう少し在庫ございます。
大小2種類のサイズ(type I, typeII)で、植物や月、季節を感じられるカレンダーです。
お求め忘れた方は、ご注文ください。

------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2015-01-23 12:08 | KiKusa


<< POSTER 野生のけわい ... いや重(し)け吉事(よごと) >>