最後の一枚


最後の一枚が落ちるとき、木は深い眠りにはいる。

落葉植物は冬に向け眠るために葉を落とす。
一生懸命に葉を落とす。
その過程で色づいた葉が、人の心を楽しませているのも、
木はどう思っているのだろう。

最後の一枚が落ちるとき、心地は良いのだろうか。
最後の一枚が落ちるとき、疲れ果てるのだろうか。

明け暮れが過ぎまた春が来る。
やがて芽からは新しい次の命が生まれる。
夏の太陽を謳歌する頃は、成長と共に葉を広げる。
木の実は大きく熟し、そして種を残す。

また最後の一枚が落ちるとき、木は深い眠りにはいる。

e0158628_22251516.jpg


---

今週末から大阪、奈良、三重と注連縄づくりのworkshopに出張します。

毎年作っている注連縄は、いつも新鮮に感じる。
植物でつくるお飾りは素朴で愛らしい。

市販の注連縄の藁は、注連縄用に作られた稲穂を付ける前の藁を使う。
本来、稲にはお米の穂が付き収穫する。その藁を使ってこその注連縄飾りだと思う。
注連縄に宿っていただく「年神様」は、田んぼの神「山神様」と同じ神様。
KiKusaの注連縄は、家の田んぼでつくるお米の稲藁。
お米を収穫した後の稲藁は、緑色、黄色、茶色と素朴な色合いを見せてくれる。
山で採取した裏白や金柑もひとつひとつの命は光り輝いている。
人と自然が手を掛け、その恵みを受け取る。
今年もみなさんとご一緒の注連縄づくりが楽しみです。

各会場では、注連縄飾り、お正月飾りの展示販売もあります。
縁起の良い五葉松や朱竹のお正月飾りは、すごく綺麗でかっこ良いです。
お正月に向けて、家や玄関の外に飾ってください。
大小サイズもありますが、数に限りがございます。
お正月の後も冬の間くらいは、花器に挿して楽しめます。

SHELFさんでは、年末大掃除に使う布巾「草のふきん」も販売します。
松阪の粋な木綿でつくる、美しく使う布巾、長く使う布巾です。

e0158628_22255040.jpg

草のふきん

「草」は名もない素人のこと
「草」は簡素な美しさのこと
拭いて洗ってのくり返しから
生まれる美しさ

---

e0158628_22301033.jpg


注連縄づくりは、まだ空席がありますので、ぜひご参加ください。
24日の大阪のSHELFさんの回では、クリスマス・イブにちなんだ
注連縄のお話ができればと思います。
夜の部はキリスト誕生前夜の注連縄づくりも神聖な雰囲気です。

詳しくは過去記事へ。
「 KiKusa 伊勢のしめ縄づくり 」ご希望の方はご予約ください。

------------------------

KiKusa
L'Art de la Botanique

tel / fax 0598-67-0524
mail kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2016-12-21 22:32 | KiKusa


<< 暗い森のトンネル KiKusa 注連縄づくりの会... >>