野から山から - I 「野花と山蔓と紫陽花」/大阪


三重の喫茶tayu-tauさんでの展示とworkshopでは、
お足を運んでくださり、ありがとうございました。
新しい店舗のtayu-tauさんの味わいのある素敵な場に植
物がとても映えました。
今回はお店の一角ではなくて、ひとつの空間をお借りして、
初夏の植物の鉢植え一杯の展示を楽しんでいただけたと思います。

鉢植え植物もたくさんご購入いただいたき、ありがとうございました。
これから夏に向けて、しっかり水やりをしてくださいね。
伸びすぎた芽や枝の剪定や、足下の草も少し間引きしてお手入れも
楽しい時間です。
また、疑問や植え替えの相談など、何かございましたらいつでも
ご連絡ください。鉢や土などの販売、配送も可能です。

---

6月10、11日は、大阪のSHELFさんで展示とworkshopを開催します。

毎年好評の生花の紫陽花をつかった花環(リース)づくりもあります。
今年は、野の草花と山の蔓を紫陽花に合わせた野趣で瑞々しい花環。
生花の紫陽花は、ドライにすることをふまえて花弁がしっかりした
良いものをご用意します。季節の草花の可愛さにも癒されます。

厄や婦人病を祓い金運を招き入れる縁起物の「紫陽花飾り」も
新しく付け替えの時期です。自分でつくると想いも込めれますね。

鉢植えづくりは、三重に移ってからは大阪では始めての開催です。
やっぱり土を触るのは楽しい時間です。

新作の置き飾り・吊り飾りのオブジェ「草花の蕾」や、
野山の木や蔓の鉢植えも展示販売します。

さらに岐阜の多治見にある欧風自然食のレストラン・hoshizumiさんで、
6月20~25日にKiKusaの展示とworkshopを開催します。
土日には、hoshizumiの特別なコース料理とKiKusaの植物づくりを
セットにした企画で楽しんでいただけます。
hoshizumiさんは雰囲気のあって、料理も美味しいので人気のお店です。
ご夫婦お二人でされていて、少人数のお客様にじっくり楽しんでいただく
形態なので、今回の企画もご参加が限定数のみになります。
近々、内容の告知とご予約開始しますので、こちらも楽しみにしてください。

6月は紫陽花の季節、ぜひお近くの方にいらしてくださいね。

-----


e0158628_00205200.jpg
DM/photo & graphicwork : Shinya Horinouchi


KiKusa
L'Art de Botanique

野から山から - I
野花と山蔓と紫陽花

2017年6月10日(土)11日(日)
展示 12:00 - 18:00

<会場>SHELF
大阪市中央区内本町2-1-2 梅本ビル 3階


「夏もなほ 心はつきぬ あぢさゐの よひらの露に 月もすみけり」
四葩(よひら)とは花弁が四枚ある花をいう。紫陽花の別名。
紫陽花の花についた露を見ると月の姿が映っている、
秋だけでなく夏の心もつきない。と歌ったのは
藤原定家の父、俊成。
三十一音で歌われる和歌に美しさがあるように、
草花が連なる輪にも音楽がある。

展示作品
新作のシリーズ「草花の蕾」や置き飾り・吊り飾りの植物オブジェ、
アナベル紫陽花や山野の蔓や木の鉢植え植物、
金運を運ぶ紫陽花飾りなど、季節の植物が並ぶ。

---

【家を木や草花で飾る植物づくり 】 workshop

「 野花と山蔓と紫陽花の花環(リース)づくり 」

6月10日(土)午前の部(10時30分~13時
6月11日(日)午後の部(14時~16時30分

初夏の紫陽花の季節に生花を使った花環(リース)づくり。
生花の紫陽花と野の草花、山の蔓を天然のラフィアで編んでつくる。
瑞々しい植物に触れ合い自然から力をもらいたい。
生花がゆっくりと乾き、鮮やかな色から落着いた色合いのドライリースになる。

料金 ¥6000(材料費込、お飲物付)

e0158628_00224086.jpg
workshopでは使う花が異なる場合がございます

--

「 紫陽花(あじさい)飾りづくり 」

6月10日(土)午後の部(14時~15時30分

古くから紫陽花を縁起植物として飾る風習がある。
紫陽花を水引きと半紙で包み玄関先に吊るすと、
厄除や金運を招き入れるという習わしや、
お手洗いに吊るすと婦人病にかからないという言い伝え。
風合いのある和紙を使い、小さな自分だけの印をつくる。
暮らしにいつも植物がある私たちの文化、先人の知恵や感性を知る。

料金 ¥4000(材料費込、お飲物付)


e0158628_00225019.jpg


--

「庭やベランダで育てる野山の鉢植えづくり」

6月11日(日)午前の部(10時30分~12時

庭やベランダを自然な野山の雰囲気にしたい。
山の木や蔓、野原の草花を育てる鉢植えづくり。
花や実が付いたり、紅葉など季節の表情を楽しめる。
アナベル紫陽花、山葡萄、野葡萄、小楢、犬枇杷、房スグリなどいろいろ。
木の下には草や苔を植えて野趣な姿に仕立てる。
土づくり、植え替えやお手入れの仕方も学ぶ土いじり。

料金 ¥5000(材料費込、お飲物付)


e0158628_00224654.jpg
e0158628_00223759.jpg


--

終わった後は、皆さんでお茶をいただきます。
各回の開始時間と終了時間をがご確認ください。
workshopのお時間は余裕を持ってご参加いただくように
お願いいたします。いずれも予約制になります。
※ご予約後のキャンセルにつきましてはお断り致しますので、
ご予定のご確認をお願い致します。

ご予約、お問い合せ(KiKusa)
メール kikusa@mctv.ne.jp
電話 0598-67-0524

------------------------
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp



by KiKusa-note | 2017-05-18 01:01 | KiKusa


<< 野から山から - II 「この... 5月12〜14日は 「花のほこ... >>