KiKusa 「木と草の学舎」 始まります

前々からずっと考えていました。
もう一歩踏み込んだ植物づくり(workshop)をしたいと。

KiKusaが三重の田舎に移って四年が経ちました。
田舎での暮らしは本当に豊かなものです。

上には大空があり、横には山々があり、下には沃野な大地がある。
植物たちは地の土に植えて育て、付けた実を取っては頂く。
畑では野菜を育て、朝採りの野菜がその日の食卓にならぶ。
そこには本来の世界がある。
情報や架空の嘘の姿ではない、確かな実感をもてる世界がある。

常々、植物から感じていた「実感」とは、そういう確かな暮らしの
中にあるのだと、あらためて気づきました。

KiKusaの植物づくりでも、ただ素敵な雰囲気の作品をつくるだけ
ではなくて、自然や植物の存在をもっと実感してもらいたい。
野山を歩いて自生している植物を見たり、畑で野菜づくりをしたり、
もっと時間をかけてじっくりと植物作品を作ったりと、
KiKusaの自宅アトリエにて、もう一歩深く植物を学ぶ場をつくります。
「木と草の学舎」始まります。

人と暮らしの健やかな力を植物からいただく。

-----

e0158628_22294078.jpg

KiKusa

野から山から

木と草の学舎
Ki to Kusa no Gakusya

あたりまえに有る草花
あたりまえではない草花
草を慈しむ、花を愛でる
野から学び、山から学ぶ
とどく自然からの声が
わたしたちの暮らし方をすこし変える

複雑になり過ぎた世の中
便利で楽があふれる日々
大切なものを見過ごしていないの
忘れがちな本来のすがた
何を信じてどこにむかえば良いの

植物はいう
力を抜いて自然に
ただ懸命に生きれば良いと

三重のアトリエで月一回
植物をさわって土をさわって
植物をつくって自然を一歩深く知る

「木と草の学舎」を始めます

---

月一回の季節の植物づくり。
野山へ植物散歩に出かけ、畑では野菜づくり。
植物をさわって、土をさわって、植物をつくって学ぶ。
数回にわけて大きな作品を作ったり、植えた苗から数カ月後
に野菜を収穫したりと、年間を通して植物を感じる時間。

・午前の部(10:30 - 12:00
植物を探しに野山にでかける植物散歩や、野の草花をドライにしたり、
大空の下の小さな畑で野菜をつくる体験など。

・午後の部(13:30 - 16:00
野の草花や紫陽花などその季節の花環(リース)づくり。
枝や葉、蔓や実でつくるオブジェ、野山の鉢植えづくりなど。


<料金>
・午前の部と午後の部の一日ご参加 ¥7,500
・午後の部のみご参加 ¥5,500
・3ヶ月(10~12月)まとめて一日ご参加 ¥21,000

<会場>
KiKusa Atelier
三重県松阪市
(会場案内はご予約時にさせていただきます)

--
木と草の学舎

秋~冬日程

<10月>

・ 10月29日(日) 午前の部
・ 10月30日(月) 午前の部
「畑で秋の野菜づくり~苗を植える」
大空の下の小さな畑で誰でもできる野菜づくり。土を触って耕して、
畦をつくって、秋野菜やハーブを植える畑仕事を楽しむ。

・ 10月29日(日) 午後の部
・ 10月30日(月) 午後の部
「マルク・シャガールの紫陽花の花環づくり」
画家のシャガールの名作リトグラフ「ダフニスとクロエ」に柔らかい色合いを学び、
ドライの紫陽花や草花や山の実を使って感性でつくるリース。


<11月>

・ 11月26日(日) 午前の部
・ 11月27日(月) 午前の部
・ 11月25日(土) 午前の部/追加開催
「植物散歩~晩秋の野山」
野山の蔓や実のついた晩秋の植物を見つけにゆく。
自生している植物の自然な姿や名前を覚えて、植物の感性を養う。

・ 11月26日(日) 午後の部
・ 11月27日(月) 午後の部
・ 11月25日(土) 午後の部/追加開催
「秋の野山の実のリースづくり」
秋の山野の蔓や木の実でつくる。赤や実、白い実などたくさんの
実と蔓の自然感のあるリース。野山のドライリースとしてX'masを飾る。


<12月>

・ 12月17日(日) 午前の部
・ 12月29日(金) 午前の部
「畑で野菜づくり~野菜の収穫」
小さな畑での野菜づくり、秋に植えた野菜を収穫する。
収穫した新鮮な野菜は持って帰っていただけます。

・ 12月17日(日) 午後の部
・ 12月29日(金) 午後の部
「伊勢の注連縄(しめなわ)づくり」
伊勢の注連縄飾りを手づくりする。藁の綯(な)い方や飾り
つけの意味などを学びながら、良い新年を迎える準備。
アトリエ開催だけの大きめサイズで作ります。さらにお正月飾り付き。

---

参加ご希望の方は御予約ください。(定員最大6名)
毎月2日間の開催日のどちらかをお選びください。
午前と午後の二部制です。一日ご参加か、午後のみご参加が選べます。
一日ご参加の方はお弁当を持参いただきます。
3ヶ月まとめて一日ご参加 いただくとお得になります。

遠方から電車でお越しの場合は松阪駅まで送迎もございます。
当日はKiKusaの作品もご覧いただけます。

ご予約、お問い合せ
メール  kikusa@mctv.ne.jp
電話  0598-67-0524

「木と草の学舎」は2018年も月一回の日程で開催する予定です。

-----

KiKusaでは、植物制作の御注文もお受けしております。
X'masのリース、贈り物のリース、お祝い用の植物飾りなど、
落ち着いた雰囲気のドライ植物で制作します。
また、注連縄飾り、お正月飾りなども受注制作を受け付けております。
詳しくは、お問い合わせください。

--------

KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp



by KiKusa-note | 2017-10-02 22:32 | KiKusa


<< 7日から 押野花と押野草 展 写真と植物づくりのworkshop >>