2017年 06月 02日 ( 1 )

種の冠毛(かんもう)


英名を「ダンデライオン」と呼ばれるのはご存知の蒲公英(たんぽぽ)。
フランス語のdent de lion(ライオンの歯)からきている。
黄色い花を咲かせてから一度閉花したのち冠状に種の花が咲く。

野ではあちらにもこちらにもある「種の冠毛」はとても美しい。
ありふれた一本の草の姿が、私たちの住む世界の全てを語っている。

e0158628_20460414.jpg
蒲公英の冠毛
---

来週の6月10、11日は、大阪のSHELFさんで展示とworkshopを開催します。

3種類のworkshopはまだご予約可能です。
瑞々しい生花の紫陽花と草花、山蔓をつかった花環(リース)づくり。
厄や婦人病を祓い金運を招き入れる縁起物の紫陽花飾りづくり。
野山の花のつく木、実のなる木や蔓の自然な鉢植えづくり。
詳細は過去記事をご覧ください。

この2日間は展示(11:00 - 18:00)もございます。
新作の置き飾りオブジェ「草花の蕾」や、吊り飾りのオブジェ。
野山の植物モビール、花環飾り(リース)などや、
山野の草・木・蔓の鉢植えも持って行きます。
ぜひ楽しみにいらしてください。

e0158628_20464299.jpg
胡桃(くるみ)と青葛篭藤(あおつづらふじ)の鉢植え

e0158628_20453471.jpg
置き飾りのオブジェ/草花の蕾 - 豆軍配薺(まめぐんばいなずな)

e0158628_20475071.jpg
置き飾りのオブジェ/草花の蕾 - ほころび

-----

e0158628_00205200.jpg

KiKusa
L'Art de Botanique

野から山から - I
野花と山蔓と紫陽花

2017年6月10日(土)11日(日)
展示 11:00 - 18:00

<会場>SHELF
大阪市中央区内本町2-1-2 梅本ビル 3階

------------------------
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp



by KiKusa-note | 2017-06-02 10:38