カテゴリ:KiKusa( 157 )

自然の力。

何かをまとわずに、自然の形をそのままに。
そんなものづくりができたらと、いつも思っています。

ひとつの鉢植えに、木が植わると、その脇に草が生える。
誰かだけのものではなくて、たくさんが同居している姿が自然の形。

人が作り出すものにも美しさがある。
形作ろうと欲にかられたものではなくて、
形に純粋なもの、偽りのないもの。

自然が作る形は、その純粋さがさらに強さとなって表れる。
人の力が及ばない大きな力。
その強さが、植物の大きな魅力のひとつと考えている。

日常では忘れてしまいそうになること、
植物はそれを見せてくれる。
生きることへの純粋さ。

乾いた植物のオブジェやリースにも、
その純粋な形を感じてほしい。

e0158628_093288.jpg

写真 : 乾きゆく山あじさい
PENTAX67, KODAK PORTRA NC

-------------------------------------------------
KiKusa
Botanical Art
by KiKusa-note | 2010-07-21 00:10 | KiKusa

2010年6月の植物

紫陽花(あじさい)の季節。

日々少しずつ強くなっていく日射しを、
新緑が気持ち良さげに浴びています。
お庭やベランダで、土いじりするのが楽しい季節ですね。
今は、山紫陽花の鉢植えがおすすめです。
大人っぽいけど可愛さもある花が咲き始めています。
枝ぶりも雰囲気のあるものを揃えておりますので、
ご来店をお待ちしております。

又、モスポットやベルキー製のアンティーク鉢や
オリジナルの土、肥料など鉢植えに必要なものも
揃えております。

e0158628_22564295.jpg
DM表裏 / 写真、グラフィックワーク=ほりのうちしんや(KiKusa)
印刷 / 紙=ケナフGA180kg, 4c/4c


-------------------------------------------------
KiKusa
Botanical Art
by KiKusa-note | 2010-05-15 22:58 | KiKusa

2010年2・3月のKiKusa「 乾いた植物 展 」

大寒も過ぎて冬も折り返し、少しずつ春に向かいます。<div>KiKusaの植物では、椿が花を咲かせ、梅の蕾が膨らんでいます。山の蔓や枝もののドライが渋くて格好いい雰囲気です。</div><div><br></div><div>「 乾いた植物 展 」</div><div>2010年2月11日〜3月</div><div><br></div><div>植物にはそのままで「無」の美しさがある。</div><div>花や枝の形には、だれかに綺麗に見せようなどという飾りつけた欲はない。</div><div>生きるために必要なことを求め、何億年もの試行錯誤の末に変化し続けた無心の形。</div><div>自然が作り出す形は偽りがない。その形は、凛とした存在感に圧倒されるものだけでなく、可愛らしく愛嬌があったり、間の抜けた姿が滑稽だったりと、何とも個性的なことが微笑ましい。</div><div>水気が乾いた植物には、さらに「無常」を感じる。<span style="font-family: Helvetica, -webkit-pictograph;">生きた一瞬の形を留め保たれた姿が、逆に儚さを想わせる。</span></div><div>役割を終えた姿を見て、今が常にあるのではないことを改めて認識させられる。乾いた植物さえも、還るべきところに向けてさらなる変化を続けていく。常に変わらないものは無い。</div><div><br></div><div>今展は、乾いた植物に目を向け、鑑賞する価値を見出すものである。</div><div>山の蔓もの、枝もの、実もののドライオブジェや、リース、押し花などを展示販売します。</div><div><br></div><div><br></div><div>
e0158628_044561.jpg
DM / 写真、グラフィックワーク=堀之内 信哉(KiKusa)</div><div>印刷 / 紙=ケナフGA180kg</div><div><br></div><div>-----------------</div><div>KiKusa</div><div>Botanical Art</div><div><br></div><div><br></div>
by KiKusa-note | 2010-01-28 13:58 | KiKusa

2009年の終わり

今年もたくさんご愛顧いただき、
ありがとうございました。

植物を見に足を運んでいただいた方々、
撮影やデザインをご依頼いただいた方々、
写真教室の皆さん、
たくさんの方々に支えていただき、
今年もKiKusaを続けることができました。

これからも植物と写真の物作りの場として、
楽しんでもらえたらと思います。

植物とふれ合い、自然を肌身で感じ、
その大きな力の中で生かされることを共感できたら、
人の暮らしの根幹に自然があることを
思い出させてくれます。
人は感性によって生き、感性によって世界は変わるはずです。

来年も、よろしくお願い致します。


e0158628_9504669.jpg

KiKusa POSTCARD

----------------------------------
KiKusa
Botanical Art
by KiKusa-note | 2009-12-28 09:53 | KiKusa

「 写真と植物 KiKusa 展 in 横浜 」


e0158628_021495.jpg
e0158628_0212358.jpg


DM制作 / 写真、グラフィックワーク=堀之内 信哉(KiKusa)

----------------------------

「 写真と植物 KiKusa 展 」
Dry plants And Photo prints, Photo workshop
KiKusa exhibition, teon - Yokohama

2009年11月27日fri. 〜 12月2日wed.

----------------------------

子供の頃は、毎日のように道端の植物に触れ、遊び道具のひとつとし
て木や草花があった。大人になって、すっかり縁遠いものになってし
まっている山や野にある植物の美しさを、日々の暮らしの中でも普通
に感じ取れるようにしたい。そんな想いで物作りをしています。

当たり前にあるものとして目を向けられなかったものたちにも、止め
どない美しさを感じる。乾いた植物が見せる、ひとつとして同じもの
がない個性は、何十年も経ったアンティークのような深みがある。

----------------------------
KiKusa
Botanical Art
by KiKusa-note | 2009-11-02 00:23 | KiKusa

9・10月のKiKusa


e0158628_16284691.jpg
e0158628_16285910.jpg


DM制作 / 写真、グラフィックワーク=堀之内 信哉 (KiKusa)

------------------------

月も替わり、秋に向けて植物も変化していきます。
KiKusaの植物は秋の雰囲気がすごくいいのですよ。
これから紅葉や実がなるのが愉しみですね。

------------------------
KiKusa
Botanical Art
by KiKusa-note | 2009-09-01 16:31 | KiKusa

「 KiKusa 」


「KiKusa」とは「木」と「草」の意味。
植物は「花」だけでなく「木」や「草」も楽しめる存在。
木の足下には草が生える。そんな自然な姿や、さまざまな命が共生する多様な姿にこそ
あるがままの力強さがある。

様々な変化や困難がおこる時代、人ひとりに乗し掛かる重圧はたいへん大きいものです。
心は何か確かなよりどころを必要としている。
「自然」の力は、その何かのひとつになるのではないでしょうか。
「自然」と「人」の調和を思うとき、植物の持つ普遍的な力の可能性を感じます。
「 Botanical Art 」として、植物を藝術の観点から見つめ直し、作品づくりをしていきます。

制作物は、野山の植物の自然な鉢植え、乾いた植物で作るリースやオブジェ、
植物を写真で記録したポスターやカードなどの作品。
絵を壁に飾るように、植物を飾るものづくり。

現在は、三重県の松阪で活動をしています。
店舗はございませんので、展覧会販売やご注文販売をお受けしています。
お祝いや贈り物のご注文、全国への発送もお受け致します。

-----------------------------------

KiKusaでは、年間の売り上げの1%を、寄付の対象にしています。
困難な環境を生きる世界中の子供たちを支援する特定非営利活動法人
「ワールド・ビジョン・ジャパン」へ、毎年末に寄付するものです。
展覧会、全国からのご注文などの販売のすべてが対象となります。
皆様には、KiKusaの物をご購入いただくことで、
この活動に参加いただけることになります。

日本でもたくさんの問題や困難がありますが、
貧困世界の子供たちの問題はもっと深刻です。
普通に生きるための環境や権利さえも奪われている状態です。
これは遠い場所の関係のない話ではなく、全ては因果よってつながっています。
日本での物が溢れる贅沢な生活は貧困地域を踏み台にしていることを、
富を奪い合う欲が誰かの暮らしや命を奪っていることを、知らなければなりません。

私たちが今の世界にどう立ち向かったのか、その姿を次の世代に見せることが
未来の暮らしをより良くする土台となるはずです。
人一人では大した力はありませんが、感性から感性は伝わり、いずれ大きな力になる。
一人でも諦めずに行動すれば、何かを変えることができると本気で信じているからです。

-----------------------------------

KiKusa

Botanical Art


堀之内 信哉 Shinya Horinouchi
KiKusa主宰、植物制作、写真、グラフィックデザイン

堀之内 彩 Aya Horinouchi
植物制作


0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2008-11-08 02:00 | KiKusa