カテゴリ:KiKusa( 146 )

夏の植物手入れ


彦根の&Anneさんでの展覧会「 KiKusa 植物画 展 」も無事に終わりました。
ご来場いただき、ありがとうございました。
この夏からは、新たに見つめ直した作品づくりに取り組みたいと思います。
どう変わってゆくのか、また楽しみにしてください。

e0158628_1351683.jpg
e0158628_1352994.jpg
e0158628_13514279.jpg
植物画展 &Anne 展示風景

---

真夏の暑さは、人と同様に植物にも厳しい環境です。
水切れしたり、葉焼けしたりしているのではないでしょうか。
夏の鉢植え植物手入れのお話です。

まずは朝夕(朝晩)のしっかりの水やりが必要です。
鉢底から水が出るくらいたくさん水を上げてください。
葉水(葉にも水をあげる)や鉢も潤してあげると良いです。
ベランダなどで育てる場合は、風通しを良くするためにスノコを敷いたり、
よしずで半日くらい陰を作ってあげるなど、環境を整えてあげる。

もし、水切れたら、日陰に移して水やりを続けてください。
葉っぱが枯れても根が生きてたら、また葉芽が出てきて再生します。
強い陽射しで葉焼けしてしまっても大丈夫。根気よく水やりを続け、
季節が進むと、また良い表情を見せてくれます。

旅行などで何日も家を留守にする場合は、なるべく涼しい日陰に置いて、
桶やトレイに水を張り、鉢ごと浸けておきましょう。

夏を乗り越えれば、実や色づきの秋が楽しみですね。

------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2015-07-29 13:59 | KiKusa

今週末の7月11日から「植物画 展」


e0158628_151707.jpg


いよいよ7月11日(土)からは、滋賀県彦根の&Anneさんにて、
展覧会「 KiKusa 植物画 展 EXPOSITION PLANTE PEINTURE 」が始まります。
11日(土)、12日(日)は、作家在廊もしてworkshopを開催します。
5月に名古屋で開催の巡回展になりますが、新作もいろいろ並びます。
名古屋でご覧の方も、ぜひどうぞ。


「植物画」の歴史は、たくさんの人々の想いと挑戦とともに時代を経て、
写実性や学術性を高め、アートとして昇華されてきました。
今もなお、人々を魅了し続けています。
今展では、植物画の歴史の変遷を辿る展示と、絵のような植物作品が並びます。

「 POSTER 植物画 - PLANTE PEINTURE - 」 日本紫陽花、草苺
写真術による新たな植物画を作ろうと、写真から絵画へと時流を遡る。
植物の静物画のような写真を再生紙に刷り、活版印刷で文字と印を手刷りして、
無垢の木の額にしつらえた今展の新作のポスター作品。

「 画家のアトリエにあるクロンヌ 」
その画家のアトリエに似合うような植物環のオブジェ。
・ジョルジョ モランディ
・フィンセント ファン ゴッホ
・アドルフ モンティセリ
・ジャン=フランソワ ミレー
・ヨハネス フェルメール

「 森のクロンヌ - 椎の木 - 」
長寿の木「椎」の枝先で作った環のオブジェ。
無作為な枝の表情に自然の風景を重ねる。

「 森のクロンヌ - 草花 - 」
野山の草花でつくる環のオブジェ。
乾いた植物の繊細な表情に惹き込まれる。

「 野の草クロンヌ - 茅萱(ちがや) - 」
茅萱の穂でつくる環のオブジェ。
ふわふわの種穂に自然の柔かさを想う。

「野山の押し花」
”生の植物から作る植物画”といえる押し花。
ドイツやフランスのアンティーク紙に押す。
アンティーク額装のものもあります。

他にも、野草や紫陽花を使った植物クロンヌ(花環)オブジェ、
植物モビールや、ポスターやカード作品も多数並びます。
16、19世紀の植物画(ボタニカルアート)も数点、展示販売。
11日(土)、12日(日)は、野山の自然な鉢植え植物もたくさん持っていきます。

e0158628_11545564.jpg
額装の植物画、野の草クロンヌ-茅萱(ちがや)-


------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2015-07-07 15:20 | KiKusa

彦根の&Anneにて 「植物画 展」と植物づくりの会(workshop)


2015年7月11〜20日は、滋賀・彦根の&Anneさんにて
展覧会「 KiKusa 植物画 展 EXPOSITION PLANTE PEINTURE 」と
植物づくりの会(workshop)を開催します。
今年の新作のポスター作品「POSTER 植物画 PLANTE PEINTURE」、
「画家のアトリエにあるクロンヌ」画家のアトリエにあるような植物環オブジェ、
草花や木の枝のリースやオブジェ、その他、植物写真のポスターやカード作品も並びます。
11日、12日は、野山の自然な鉢植え植物たちも並びます。
作家在廊日もありますので、ぜひいらしてください。

7月11日(土)、12日(日)は、午前は写真のworkshopを開催。
写真workshopは、静物画のような柔らかい雰囲気の写真を撮るための基本を知る2回講座。
初心者の方から経験者まで、どなたでもご参加いただけます。
どちらもご参加いただくのをお勧めしますが、どちらか1回のみのご参加も可能です。

2日間とも、午後はリースづくりのworkshopを開催します。
ドライの紫陽花や、野山の実を使ったリースを手づくりします。
小ぶりの自然な雰囲気のあるオブジェです。
植物と向き合って作る時間を楽しんでください。

今年は、workshopの機会が少ないかもしれませんので、ぜひご参加くださいね。
ご希望の方は、お早めにご予約をお願いします。

---

e0158628_1342955.jpg
e0158628_19294897.jpg



巡回展

KiKusa
EXPOSITION PLANTE PEINTURE
「 植物画 展 -絵画のような植物- 」

2015年7月11日(土)〜20日(祝)
10:30 - 18:00  水・木はお休み
作家在廊日 11日(土)、12日(日)

草花や樹木などの植物を描くことは、太古から行われていた。
食料であり、生活道具の原材料であり、病気を治す薬でもあった植物は、
人の歴史の中で不可分に結びついてきた。当然にその植物の姿や紋様を
描く衝動は古今を問わないのである。
フランスのラスコ−の洞窟にもクロマニヨン人が植物を描いていた。
紀元1世紀のギリシアの医者・ディオスクリデスが著した「薬物誌」には、
薬草を見分けるための本草学としての最初の植物画が描かれる。
1503年にデューラーが草叢を描いた「旺盛な草」は、その高い写実性で
その後の植物画のあり方に大きな影響を与えた。

”写実的で美的な植物の記録”を作品化する。
写真で捕らえ、現代のリトグラフ(平版画)と言えるオフセット印刷で
刷られた写真作品は、植物(版)画となる。
オークやナラの木で額装した新作の植物(版)画作品や、
「画家のアトリエにあるクロンヌ(リース)」作品。
アンティークの紙に押した植物押し花。乾いた植物のオブジェ、
その他ポストカード作品などが並びます。
絵画のように植物を壁に飾る楽しみに触れてみてください。
巡回展になりますが、今展のみの新作も多数ご覧いただけます。

<会場>
&Anne
滋賀県彦根市中央町 4-35
0749-22-5288
http://www.and-anne.com

---

- workshop -

・7月11日(土)10時〜
「 絵のような写真を撮るための基礎 I 」

カメラの仕組みと使い方から基本の写真術を学び、
絵のような写真を撮るための知識をレクチャー。
初心者だけど、花や植物、雑貨やお菓子などを
雰囲気よく撮りたい方にお勧めの写真の基本講座。


・7月12日(日)10時〜
「 絵のような写真を撮るための基礎 II 」

自然光を使った陰影のある写真を撮るための知識と
感性を学ぶ撮影実践レッスン。
柔らかい光でフェルメールの絵画のような質感を写す方法。
初心者から経験者までどなたも学んでいただけます。


より深く学んでいただくには、両方の回にご参加をお勧めします。
どちらかの回のみのご参加も大丈夫です。
ご参加は、フィルムやデジタルの一眼レフカメラをお持ちの方、
コンパクトデジタルカメラの場合はマニュアル撮影が
できるカメラをお持ちの方が参加対象になります。

参加料 / 各¥5000(飲物付、KiKusaおみやげ付)
定員 / 各6名

e0158628_1352665.jpg
e0158628_136163.jpg
workshop 参考写真

---

・7月11日(土)13時30分〜
・7月12日(日)13時30分〜
「 植物画家のリースづくり 」

植物ドライの紫陽花、野草、実を素材にして自然な雰囲気のリース(環)を
手づくりする。リースは「永遠」「つながり」を意味する形。
植物の静物を描いた19世紀の画家アンリ・ファンタン=ラトゥールの
アトリエに飾るリースオブジェをイメージする。
アンティークのような味わいのある乾いた植物に触れながら
ものづくりの時間を楽しむ会。

料金 / ¥6000(材料費込、飲み物付)
定員数 / 各6名

e0158628_11592136.jpg
植物画家のリースづくり 参考写真


終わった後は、皆さんでお茶をいただきます。
workshopの時間は2時間半くらいの予定です。
お時間の余裕を持ってご参加ください。

いずれも予約制になります。
※ご予約後のキャンセルにつきましてはお断り致しますので、
ご予定のご確認をお願い致します。

ご予約、お問い合せ

前日までのご連絡は
電話 090-8216-6058(KiKusa)
電話 0749-22-5288(&Anne)


------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2015-06-25 13:09 | KiKusa

「雨のもよう展」の参加展示


SHELFさんでの展示と植物づくりの会にご参加いただき、ありがとうございました。
大阪で開催の植物づくりの会も半年ぶりと、少し間が空きました。
大阪での次の機会は年末になりそうです。また楽しみにしてくださいね。

この後も、KiKusaの展示&展覧会が続きます。
7月11日(土)〜20日(月)は、滋賀・彦根の&Anneさんにて
巡回展「 KiKusa 植物画 展/EXPOSITION PLANTE PEINTURE 」を開催します。
11、12日は、写真やリースづくりのworkshopも開催します。お楽しみに。

e0158628_189712.jpg
野葡萄,小楢,紅葉の鉢植え

---

今週末からは、松阪のレストラン カルティベイトさん2階の
シードベッド ギャラリーさんの企画展「雨のもよう 展」に参加展示します。
KiKusaは、紫陽花をテーマにした作品が並びます。
新作の" POSTER 植物画 PLANTE PEINTURE - 日本紫陽花 "、
森のクロンヌ-椎の木-、草の花輪、植物モビール、植物カード作品など。
美味しいお料理とともに、ぜひ観にいらしてください。

6月28日は、カルティベイトにて植物づくりの会(workshop)
「花から枯れゆく紫陽花リースづくり」も開催します。

e0158628_13104324.jpg


---

「雨のもよう 展 4」

2015年6月20日(土)〜7月13日(月)
6/23、24、30、7/7、8 はお休み
会場 : RESTAURANT CALTIVATE 2F seedbed gallery(松阪)

5人の作家や店主による「雨」をテーマにした展示です。

<会場>
seedbed gallery (RESTAURANT CALTIVATE 2F)
三重県松阪市嬉野下之庄町1688-5
http://homepage3.nifty.com/restaurant-cultivate/
遠方からお車の方は、伊勢自動車道 一志嬉野インターより約5分。
大阪・名古屋方面から電車をご利用の方は、近鉄 大阪線・名古屋線
「伊勢中川駅」より、タクシーで約5分。

------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2015-06-16 18:14 | KiKusa

6月は紫陽花の季節のイベント


e0158628_1326167.jpg

今年も6月は、紫陽花の季節に展示と植物づくりの会を開催します。

6月13日(土)、14日(日)は、大阪・内本町の SHELF さんで
紫陽花にまつわるものを中心に展示します。(13:00 - 18:00)
新作の" POSTER 植物画 PLANTE PEINTURE - 日本紫陽花 "、
紫陽花飾り、植物モビール、カード作品などが並びます。


「 紫陽花飾り 」 
古くからある日本の風習で紫陽花の縁起物お飾り。
 玄関先に吊るすと、厄除や金運を招き入れるという習わしがあり、
 お手洗いに吊るすと、婦人病にかからないなどの言い伝えがある。
 (この機会にしかご購入いただけません)

e0158628_20235876.jpg
写真:KiKusaの紫陽花飾り(紫陽花の色味は異なります)


蔓ものや枝もの、実が付くもの、雰囲気のある野山の鉢植えも持っていきます。
山葡萄(ヤマブドウ)、海老蔓(エビヅル)、野葡萄(ノブドウ)、木通(アケビ)、
蔓梅擬(ツルウメモドキ)、白樺(シラカバ)、七竃(ナナカマド)、胡桃(クルミ)、
鶯神楽(ウグイスカグラ)、黒文字(クロモジ)、高野槙(コウヤマキ)、小楢(コナラ)
など、どれもお勧めの鉢植えです。
e0158628_1719457.jpg
写真:マルベリーの鉢植え


植物づくりの会の「花から枯れゆく紫陽花リースづくり」は、
13日は北浜の豊島ビル201号室で、14日はSHELFさんで開催。
28日(日)は、三重・松阪のレストラン カルティベイトさんでもあります。
カルティベイトさんでは、6月20日〜7月13日「雨のもよう 展」に
KiKusaも展示参加します。
「花から枯れゆく紫陽花リース」は、生花の紫陽花でつくるリース。
少しずつ乾いてドライになる姿を楽しむ。奇麗にドライになる特別な紫陽花を
使います。詳しくは過去記事へ。

---
「 花から枯れゆく紫陽花リースづくり 」

紫陽花の季節に、生花を使ったリースづくり。
世界ではハイドランジア(Hydrangea)の名で、よく知られている紫陽花。
ギリシャ語の「水」を表すヒドロ(hydro)と「容器」のアンゲイオン(angeion)
とからなり、水をたくさん吸収するという性質から名づけられた。
そんな瑞々しい鮮やかな西洋紫陽花をラフィアで編んで作る。
生花から乾くと劇的に変化して落着いた色合いのドライのリースになる。
ゆっくりと枯れゆく紫陽花の姿に自然の情緒を見つける。

料金/¥6,000(材料費込、飲み物付)

募集は定員がございますのでご希望の方はお早めにご予約ください。
どちらも、KiKusaの展示もありますので、ぜひお越し下さい。

------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2015-06-08 13:27 | KiKusa

植物のアート(藝術)


名古屋のティザーヌ インフュージョンさんでの展覧会
「 KiKusa 植物画 展 / EXPOSITION PLANTE PEINTURE 」が無事に終わりました。
たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

空と大地の間にある本物の世界の実感が感じにくいこの時代に、
植物は私たちの意識の奥に潜む野性に直接語りかけてくる。
世界はもっと簡潔なものだということを教えてくれる。
社会に埋もれた感性の琴線を震わすのがアート(藝術)の役割だとすれば、
今、アートの必要性は益々高まり、この世界を変える力を持っている。

これからも、植物の藝術を形にしてお見せできればと思います。
また、名古屋で展示できることも楽しみにしています。

e0158628_165967.jpg
e0158628_16592590.jpg
e0158628_1659452.jpg
植物画展 展示風景

------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2015-06-03 21:32 | KiKusa

野と山の鉢植え展 松阪で6月3〜7日


阪急うめだ本店9階では、奈良のくるみの木のオーナーの石村由起子さんの
イベント 「住まう空間・暮らしの道具」が開催されます。
この催しにてKiKusaの作品をご覧いただけます。
2015年5月27日(水)〜6月1日(月)
お近くの方は、ぜひどうぞ。

---

陽射しがきつくなりましたが、道脇の茅萱の白い穂の揺れが
5月の爽やかさを教えてくれます。
植物も伸び盛りの季節の手入れは、伸びすぎた新芽を切って整えましょう。
根元の草が程よくなるように間引きしてあげると良いですね。

6月3日〜7日は、松阪のレストラン カルティベイトさんで
野山の自然な鉢植え植物の展示イベントを開催します。
5日間、作家も在廊していますので、ぜひいらしてください。

---

e0158628_2163027.jpg

DM写真/蝦蔓、山葡萄、野葡萄の鉢植え


KiKusa
野と山の鉢植え
PLANTE DES PRES ET LA MONTAGNE

2015年6月3日(水)〜7日(日)
会場 : RESTAURANT CALTIVATE 2F(松阪)
展示 : 11:30 - 19:00 (7日は18:00まで)
作家在廊あり

野や山にある木や蔓などの植物の鉢植え。
根元には草や苔が自然に生え、山の風景の一部を切り取った鉢植え。
春に芽吹き、夏は茂り実を付け、秋は色づき、冬に落葉する鉢植え。
その野生の姿に心が震え、心落着き、愛しむ植物に触れ合う。

茶花に使われる植物や季節感のある鉢植えが並ぶ、植物が空間に溢れる展示。

<会場>
seedbed gallery (RESTAURANT CALTIVATE 2F)
三重県松阪市嬉野下之庄町1688-5
http://homepage3.nifty.com/restaurant-cultivate/
遠方からお車の方は、伊勢自動車道 一志嬉野インターより約5分。
大阪・名古屋方面から電車をご利用の方は、近鉄 大阪線・名古屋線
「伊勢中川駅」より、タクシーで約5分。

------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2015-05-25 21:59 | KiKusa

今週末から「 KiKusa 植物画 展 」開催


いよいよ今週末からは、名古屋のティザーヌ・インフュージョンさんで
「 KiKusa 植物画 展 」が始まります。

---
KiKusa
EXPOSITION PLANTE PEINTURE
「 植物画 展 -絵画のような植物- 」

2015年5月23日(土)〜31日(日)
Tisane infusion ティザーヌ インフュージョン にて
11:00 - 18:30  会期中無休
---

詳細は過去記事へ。
土日の4日間は作家在廊しますので、ぜひいらしてください。

今展は-絵画のような植物-を題材にした作品が並びます。

「 POSTER 植物画 - PLANTE PEINTURE - 」
植物写真を厚手の再生紙にオフセット印刷で刷り、さらに活版印刷で文字と印を手刷りして、
エディションナンバーとサインを入れ無垢の木の額にしつらえた今展の新作のポスター作品。
植物の静物画のように壁に飾っていただけます。

「 画家のアトリエにあるクロンヌ 」
画家のアトリエに似合うような植物花環オブジェ。モランディ、モンティセリ、ゴッホ。

「 森のクロンヌ - 椎の木 - 」
長寿の木「椎」の枝先で作った環のオブジェ。無作為な枝の表情に自然の風景を重ねる。

その他、額装作品や草花や紫陽花のリースやオブジェ、押し花、野山の自然な鉢植え植物。
植物写真のポスターやカード作品も多数並びます。

e0158628_11411663.jpg
画家のアトリエにあるクロンヌ - Giorgio Morandi -

---

24日(日)、31日(日)の写真workshopは定員満席になっております。
ご予約、ありがとうございました。

------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2015-05-21 11:46 | KiKusa

「 花から枯れゆく紫陽花 2015 」


今年も6月は、紫陽花の季節に植物づくりの会を開催します。
6月13日(土)、14日(日)に大阪・内本町のギャラリー SHELFさんへ出張します。
植物づくりの会は、13日は北浜の豊島ビル201号室で、14日はSHELFさんで開催。
さらに、28日(日)は、三重・松阪のレストラン カルティベイトさんでも開きます。
募集は定員がございますのでご希望の方はお早めにご予約ください。
どちらも、KiKusaの展示もありますので、ぜひお越し下さい。

-----

e0158628_16295626.jpg

写真:花から枯れゆく紫陽花リース(生花から切って6時間あとの姿)
workshopでは使う紫陽花が異なります


KiKusa
花から枯れゆく紫陽花 2015

花が枯れゆく姿にも趣がある。
茶の湯にある「冷凍寂枯(れいとうじゃっこ)」という美意識や、
連歌・俳諧の季語に使われる「枯蓮(かれはす)」、
日本庭園に用いられる「枯山水(かれさんすい)」「枯滝(かれたき)」などと、
古くは「枯れ」に美学を求めてきた。
紫陽花の花が終わりゆく姿にも「枯れ」を感じてみたい。
満開の花もいつかは枯れ、ゆく紫陽花の季節に思いを馳せる。


- 植物づくりの会(workshop) -

「 花から枯れゆく紫陽花リースづくり 」

紫陽花の季節に、生花を使ったリースづくり。
世界ではハイドランジア(Hydrangea)の名で、よく知られている紫陽花。
ギリシャ語の「水」を表すヒドロ(hydro)と「容器」のアンゲイオン(angeion)
とからなり、水をたくさん吸収するという性質から名づけられた。
そんな瑞々しい鮮やかな西洋紫陽花をラフィアで編んで作る。
生花から乾くと劇的に変化して落着いた色合いのドライのリースになる。
ゆっくりと枯れゆく紫陽花の姿に自然の情緒を見つける。

料金/¥6,000(材料費込、飲み物付)

---

< 会場/ 豊島ビル201号室 > 定員 各8名
・6月13日(土)10時30分〜
・6月13日(土)14時〜
< 会場/ SHELF > 定員 各8名
・6月14日(日)10時30分〜
・6月14日(日)14時〜

この2日間は、SHELFにてKiKusaの展示販売(13:00〜18:00)もして、
作家も在廊しております。どなたもご来場いただけます。

SHELF
大阪市中央区内本町2-1-2 梅本ビル 3階
http://www.shelf-keybridge.com/index.html

豊島ビル201号室
大阪市中央区北浜1-2-3 豊島ビル 201

---

< 会場/ RESTAURANT CULTIVATE > 定員 7名
・6月28日(日)14時30分〜

CULTIVATEさん2階のseedbed galleryにて「雨のもよう 展」(6/20〜)に
KiKusaも展示参加しています。

RESTAURANT CULTIVATE(レストラン カルティベイト)
三重県松阪市嬉野下之庄町1688-5
http://homepage3.nifty.com/restaurant-cultivate/
遠方からお車の方は、伊勢自動車道 一志嬉野インターより約5分。
大阪・名古屋方面から電車をご利用の方は、近鉄 大阪線・名古屋線
「伊勢中川駅」より、タクシーで約5分。

--------

ご予約・お問い合せ
お電話 / 0598-67-0524 (KiKusa)
メール / kikusa@mctv.ne.jp (KiKusa)

workshopは2時間半〜3時間くらいになります。
作った物は持って帰っていただけます。
定員になり次第、募集を終了させていただきます。
ご希望の方は、お早めにご連絡ください。
尚、ご予約後のキャンセルにつきましては
お断り致しますので、ご予定のご確認をお願い致します。

------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2015-05-19 16:31 | KiKusa

重要 ・・・ メールでのご連絡


只今、パソコンの不具合により、メールでのやりとりで、ご迷惑をお掛けしております。

5月の初旬より、メールでご連絡いただいた方で、
こちらからのご返信ができていない方もおられると思います。
お手数ですが、再度メールいただくか、お電話にてご連絡いただけますでしょうか。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

tel 0598-67-0524
電話にでられないこともあります。

-------
KiKusa

Art de la Botanique
by KiKusa-note | 2015-05-08 08:55 | KiKusa