<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「 必死 」


この1年も、KiKusaを続けることができました。
お世話になった方々には、感謝の言葉もありません。
ありがとうございます。

2012年は必死の1年でした。
「必死」という言葉は案外深いところがある。
”必ず死ぬ”ことを本気で知っている人だけが、
今を”必死”に生きることができるのかもしれない。

1年後にしろ、10年後にしろ、50年後にしろ、
命には必ず終わりがある。
宇宙の大きな環からすれば、その年月の違いは微小なもの。
先に逝ってしまった人のことを嘆き哀れんでも、
近い将来、自分にも必ず死が待っていて、別れの日が来る。
当たり前に分かっていることのようだけど、
普段の生活の中で、本気で死を意識することは難しい。

ただ、純粋に生きる姿は輝いていて、
死は「無」ではなく「環」に還ることだと、
足下にある枝葉蔓実は教えてくれる。

「必死」を知れば、今の大切さ、美しさ、有り難さが分かる。
生きることは「楽」ではない。自分の「楽」に逃げてはいけない。
自分ではない誰かの為に、何かの為に、ただ必死に挑んでいくことが
生きることだと改める。自戒を込めて。

植物を芸術として見つめる活動の道。
2012年は、みなさんと一緒に必死で一歩足を踏み出せた。
歩くことは一歩一歩でしか進まない。生きているうちに何歩進めるのか、
短い命には限りがある。それでも、次の一歩を踏み出すしかない。
ひとりではか弱い足取りも、みなさんと一緒に力強い一歩にして
踏み出して行きたいと思います。


-----------------------------------

KiKusaでは、年間の売り上げの1%を、
困難な環境を生きる世界の子供たちを支援する
特定非営利活動法人「ワールド・ビジョン・ジャパン」へ
寄付の対象にしています。
店頭や展覧会、全国からのご注文などの販売のすべてが対象となります。
皆様には、KiKusaの物をご購入いただくことで、
この活動に参加いただけることになります。
2012年の売上分は「児童保護募金」に寄付させていただきました。

------------------------------------
KiKusa
Botanical Art
by KiKusa-note | 2012-12-31 18:48 | KiKusa

「 印象派 展 」 展示


-------------------------------


e0158628_2215617.jpg

写真 : 印象派展 展覧会風景


KiKusaでの展覧会「 印象派 展 - 自然のリースの連作 - 」に、
お足を運んでいただき、ありがとうございました。

印象派絵画の技法を、紫陽花のリースづくりで再現してみようという
大胆な発想で、また新しい試みができました。

印象派画家たちの前衛的な試みは、当時は批判にさらされるも、
現代では印象派の技法の絵も当たり前にみえます。
その歴史的な経緯をみなければ、確かな価値も見えてこないけれど、
印象派のモネやルノワール、それを受け継いだゴッホやセザンヌの絵は、
当時の空気感や常識を知らない今でもなお、観た人の心を掴む絵画です。
それはただ新しいだけでは駄目で、どんな時代の人の心も魅了するものを
作らないといけないことを教えてくれる。

KiKusaの植物のものづくりは、絵画や建築、ファッションや工芸ほど、
まだ価値を得ていない。
植物における芸術が、普遍的な価値を得るための階段を一段ずつ、
いや、半段ずつでも上がっていきたいと思います。


-------------------------------
KiKusa
Botanical Art
by KiKusa-note | 2012-12-19 22:05 | KiKusa

KiKusa展覧会 「 死せる自然 展 」 開催

----------------------------

大阪・北浜にある、ヨーロッパアンティークのお店
「MAISON GRAIN D'AILE (メゾングランデール)」さんのギャラリーでのKiKusaの展覧会
「 死せる自然 展 - 静物のリース と オブジェ - 」は15日から24日まで開催します。

静物画を想い描いた展覧会です。
グランデールさんのアンティークの雰囲気と野山の植物が合わさって美しさが際立ちます。
撮り下ろした写真印刷作品「静物画 -NATURE MONRTE- POSTER」も。
絵画のような雰囲気の作品になりました。
ぜひご覧になってください。

詳細は過去記事へ。



e0158628_22225275.jpg

e0158628_16404223.jpg

写真 : 死せる自然 展  風景

------------------------------------------------
KiKusa
Botanical Art
by KiKusa-note | 2012-12-14 23:53 | KiKusa

ルマタンさんでの展覧会終了


-------------------------

「Boulangerie le matin de la vie (ルマタン)」さんでの展覧会は、
無事終えることができました。
たくさんの方に来ていただき、ありがとうございました。
ギリシャ神話のリースもすべて完売して、ご好評いただきました。

ご購入いただいた方には、特別な包装をして今週発送させていただきますね。
受注いただいた方は、来年1月のお渡しになりますので、
しばらくお待ちください。ありがとうございました。

ギリシャ神話のリースと物語を紹介します。

---------------------------


e0158628_191828.jpg

写真 : ギリシャ神話のリース「ゼピュロスとフローラ」

「ゼピュロスとフローラ -Zephyros, Flora-」
西風の神ゼピュロスと、その妻である花と春の女神フローラ。
春と初夏のそよ風を運ぶ西風は、春の訪れを告げる豊穣の風。
西風が吹くと野には花々が咲き乱れる。なんともお似合いの二人。
二人の出会いは、ゼピュロスがニュンペー(精霊)のクロリスを強引に
捕まえさらってしまう。後でその罪を悔いて、主神ゼウスに許しを得、
クロリスを神の地位に昇格させて女神フローラとなった。
西風が吹き花々が咲く後には果実が実る。二人の子は果実の神カルポス。
絵画「ヴィーナスの誕生」では、薔薇の花を宙にまき散らしながら、
生まれたてのヴィーナスを、口から吹く風で陸に届けようとしている。


------------------------------------------------
KiKusa
Botanical Art
by KiKusa-note | 2012-12-11 11:55 | KiKusa

KiKusa展覧会 「 死せる自然 展 - 静物のリース と オブジェ - 」


----------------------------

大阪・北浜にある、ヨーロッパアンティークのお店
「MAISON GRAIN D'AILE (メゾングランデール)」さんのギャラリーにて、
12月15日から24日まで、KiKusaの展覧会を開催します。

静物画を想い描いた展覧会です。
19世紀後半頃の西洋の静物画の中に、もし植物のリースが描かれるとしたら。
そんな雰囲気のリース作品。
自然の力強さ、繊細さ、可愛さのある植物ドライオブジェ。
今展のために撮り下ろした写真印刷作品「静物画 -NATURE MONRTE- POSTER」。
グランデールさんのアンティークとKiKusaの植物を一枚の写真絵画にしました。

雰囲気のある場での素敵な展示になると思います。
ぜひご覧になってください。

----------------------------


KiKusa 死せる自然 展 - 静物のリース と オブジェ -
NATURE MONRTE EXPOSITION

2012.12.15(土) 〜 12.24(月・祝)

MAISON GRAIN D'AILE 奥ギャラリー
< Galerie AU BOIS de GRAIN D'AILE >にて
12時〜19時
17日、20日はお休み
作家在廊日 15日、16日



「静物」の意味を表す英語の「Still life」は「死んだもの」の意、
フランス語では「Nature Morte」=「死せる自然」という意味。
また「死せる自然」は「静物画」の意でもある。
「静物画」は単なる物を描いた絵ではなく「ヴァニタス = 生の儚さ、
現世の虚しさ 」を表したものだと言われる。そこに描かれた物には、
時は全てを奪い、死にはどんなものも逆らえないという愚意を含んでいる。

植物が指し示してくれるものも、「生の儚さ」に他ならない。
乾いた植物のリースやオブジェは「死せる自然」の抽象の姿。
「生」が乾き留まったその姿から「美」を抽き出して輪に形作った植物リース。
「美」を抽き出してさらに削ぎ落とした植物オブジェ。
それらは静物画のように”虚栄の儚さ”を隠喩している。

画家が描く静物画の中に植物リースを描き入れることは出来ないだろうか。
19世紀後半から20世紀初頭に描かれた印象派から後期印象派に至る
静物絵画の中に描かれるような植物リースとオブジェの展示と、
今展のために撮り下ろした「静物画」写真作品を展示します。

野趣のある植物の美しさ、その中にある野生の力強さをみつけてください。



MAISON GRAIN D'AILE
メゾングランデール

大阪市中央区東高麗橋 2-31
大阪洋服会館 B1F
tel / fax , 06-6944-1711
open , 12:00 - 19:00
close , 月曜、木曜
www.maisongraindaile.com


----------------------------

e0158628_19105539.jpg
e0158628_19113731.jpg

DM写真:静物画 -Claude Monet- のリース、西洋紫陽花、
シェオクスピアの古書、フランスのチョコレートポット
photo, graphicwork=堀之内信哉 (KiKusa)

------------------------------------------------
KiKusa
Botanical Art
by KiKusa-note | 2012-12-08 11:59 | KiKusa