<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「 始まりと終わり 展 」


「 始まりと終わり 展 」
KiKusa Botanical wearth - the beginning and the end -

2013年7月19日(金) 〜 8月4日(日)
会期中は月曜、火曜のみお休み(水曜も営業)

KiKusaにて


KiKusaは、この8月4日で大阪での営業が終わる。
約5年間、ここで植物と向き合ってきた。たくさんの方に支え
られて、続けてこられたことへ”ありがとう”の展覧会。

人の人生が過去から出来ているように、この世界は歴史によっ
て出来ている。
私たち身のまわりの生活、文化、芸術は、太古の昔から今に至
るまでの時間の堆積によって出来ている。
何が新しいとか、もうこれは古いとかいう流行りだけの小さな
物差しでは、この世界の深さは量れない。
その深層を掘り起こし、始まりを見つめてみたい。
そして私たちの未来は、現在(いま)作り出している。

「始まり」と「終わり」の点を結ぶと一本の線になる。
「終わる」とは、次にむけて「変わる」ことでもある。全ての
ことは形を変えて繋がっていく。
それは、始まりと終わりの点が重なり合い、その線はひとつの
輪の形になる。始まりと終わりをリース(永遠の輪)にする。
現在(いま)物事の始まりの物語を知ることで、終わりを想う。

その物語のリース作品の展示をします。
その他、ドライオブジェ、押し花、鉢植え植物も並びます。
この世、この時代の自然や人とのご縁を感謝の形で表わした
「縁(えん)のリース」も制作します。


e0158628_14351472.jpg

e0158628_1435554.jpg

「 始まりと終わり 展 」DM / photo, graphicwork=堀之内信哉 (KiKusa)


------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2013-07-27 23:33 | KiKusa

染み出す水


植物の鉢植えに水をやる。
鉢底から染み出すくらいにしっかりと水をやる。
土底の方の根まで潤うと、花葉が生き生きとしていくのが分かる。
植物は今のこの瞬間を生きている。僕も私も今のこの時代を生きている。

物に溢れ、複雑化した生活の中にいると、忘れがちな本来の姿。
何を信じて、何処に向かえば良いのか、今、あらためて感じ知る必要がある。
植物は教えてくれる、力を抜いて自然に、ただ懸命に生きれば良いことを。

e0158628_151310.jpg

写真 : 日本紫陽花の鉢植え

------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2013-07-06 23:31 | KiKusa