<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「 植物の信仰 - 檜(ひのき)のリース と しめ縄 - 」


11月、12月は、「 植物の信仰 - 檜(ひのき)のリース と しめ縄 - 」の展示と
植物づくりの会(workshop)を、大阪、三重、名古屋で開催します。
会場は、大阪のSHELFさんと、三重・松阪のRESTAURANT CULTIVATEさん、
名古屋のhaseさんです。

今年は、冬でも葉が落ちない常緑樹の檜(ひのき)を素材に、
この季節に合った植物リースです。とても良い雰囲気になりました。

植物づくりの会も、植物と向き合う時間を大切にして、
楽しんでいただけるものになると思います。
日程もたくさん予定しましたので、ぜひ皆さんでご参加ください。
ご希望の方は、ご予約・お問い合わせください。

---

e0158628_13174923.jpg
e0158628_23464923.jpg
e0158628_1110147.jpg


「 植物の信仰 - 檜(ひのき)のリース と しめ縄 - 」
KiKusa Botanical Archives - Botanical beliefs

世界の原初から自然そのものが信仰の対象になってきた。
太陽、山、岩、滝、水、木などは聖なるものが宿る自然物となった。
自然からの癒しや感謝、願いを込めて、人は植物を依代(よりしろ)として形づくってきた。
西洋で生まれた「リース」と、極東の「しめ縄」に、
今あらためて信じられるものを植物に感じる。


< 檜(ひのき)のリース >
クリスマスを祝うリース。古代ローマ時代では12月25日は冬至として、
(その日を境に日が長くなることから)太陽の誕生を祝う冬至祭の日だった。
その後ローマ皇帝がイエス・キリストの降誕日に改め、クリスマスができた。
十数世紀も前に存在した太陽信仰を想い、太陽の環(リース)を象る。
”ひのき”は、太陽を表す「日の木」「火の木」、
神が宿る「霊(ひ)の木」を語源とする説を持つ。
古くから仏像・寺院や神宮の材に用いる神聖な木。

< しめ縄 >
しめ縄は、お正月の神様「年神様」を家にお招きするためのお飾り。
旧年の不浄を清め、新年の豊穣、代々の繁栄や円満を願う。
神道の凛とした表情と形、植物でつくる素朴な温もり、
代々伝わってきた自然への畏敬の念を感じる。
この国の総氏神で、伊勢の女神・天照大神は太陽神。
日本も遙か古来から続く太陽信仰の土地である。

-----


【 KiKusa 展示 】

「 植物の信仰 - 檜(ひのき)のリース - 」
檜のリース作品や、”クリスマスに贈る植物”をテーマにリースやオブジェなどが並びます。

◇11月29日(土)、30日(日)、12月5日(金)、6日(土)、7日(日)
(13:00〜18:00、作家在廊あり)
SHELF
大阪市中央区内本町2-1-2 梅本ビル 3階
http://www.shelf-keybridge.com

◇12月14日(日)
(12:00〜18:00、作家在廊あり)
a l'etage(hase)
名古屋市中村区名駅 5-10-7
花車ビル中館 2階
tel / fax , 052-414-5465
http://www.utsuwahase.jp

--

「 植物の信仰 - しめ縄 - 」
KiKusaのしめ縄やお正月飾りなどが並びます。

◇12月26日(金)、27日(土)、28日(日)
(13:00〜18:00、作家在廊あり)
場所 : SHELF(大阪)住所は上記と同じ

-----


【 KiKusa 植物づくりの会 2014.November, December 】


「 檜(ひのき)と山の実のリースづくり 」

e0158628_10561565.jpg

・11月29日(土)10時30分〜 / SHELF(大阪)
・11月30日(日)10時30分〜 / SHELF(大阪)
・11月30日(日)14時〜 / SHELF(大阪)
・12月5日(金)10時30分〜 / SHELF(大阪)
・12月6日(土)10時30分〜 / SHELF(大阪)
・12月7日(日)10時30分〜 / SHELF(大阪)
・12月7日(日)14時〜 / SHELF(大阪)
・12月13日(土)14時30分〜 / RESTAURANT CULTIVATE(三重・松阪)
・12月14日(日)10時30分〜 / hase / a l'etage(名古屋)
・12月14日(日)14時〜 / hase / a l'etage(名古屋)

山の緑=檜(ひのき)と山の実を合わせるリースづくり。
常緑の檜の枝葉と晩秋の山の実(野葡萄、青つづら藤、猿捕茨、紫式部、灸花など)で
作るクリスマスを祝う植物リース。リース(環)= 永遠、つながり。
古代ローマ時代では12月25日は太陽の誕生日。
”ひのき”は太陽を表す「日の木」「火の木」を語源に持つ。
時を経て乾いてゆく姿も楽しめる。クリスマスを過ぎても飾っていただけます。

参加料 / ¥6000(材料費込、飲物付)
定員 / 7名

---

「 伊勢のしめ縄づくり 」

e0158628_19462295.jpg

・12月26日(金)10時30分〜 / SHELF(大阪)
・12月26日(金)14時〜 / SHELF(大阪)
・12月27日(土)10時30分〜 / SHELF(大阪)
・12月27日(土)14時〜 / SHELF(大阪)
・12月28日(日)10時30分〜 / SHELF(大阪)
・12月28日(日)14時〜 / SHELF(大阪)
・12月29日(月)13時30分〜 / RESTAURANT CULTIVATE(三重・松阪)

三重・伊勢地方の素朴で小さなしめ縄を手で編んで作る体験。
今年取れた稲の藁、紙垂(シデ)、裏白(ウラジロ)、金柑(キンカン)を使い、
古来からの日本の慣習を学びながら手づくりします。
今年はさらに、檜と本麻で作った「笑門」の木札を付けることもできます。
家の中の様々な場所に似合う小ぶりな大きさです。
初めての方も、経験のある方も、毎年の年納めに、
良い年を迎えるための準備です。
松のお正月飾りもご一緒にお付けします。

参加料 / 各¥4700(材料費込、松のお正月飾り付、飲物付)
定員 / 10名

---
三重・松阪の植物づくりの会場

RESTAURANT CULTIVATE(レストラン カルティベイト)
三重県松阪市嬉野下之庄町1688-5
http://homepage3.nifty.com/restaurant-cultivate/

-----

終わった後は、皆さんでお茶をいただきます。
workshopの時間は3時間くらいの予定です。
お時間の余裕を持ってご参加ください。

いずれも予約制になります。
※ご予約後のキャンセルにつきましてはお断り致しますので、
ご予定のご確認をお願い致します。

ご予約、お問い合せ(KiKusa)
メール kikusa@mctv.ne.jp
電話 0598-67-0524

------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2014-11-12 19:48 | KiKusa

「 植物の記録 展/回顧12~14 」 ご来場のお礼


e0158628_1516497.jpg
e0158628_15182535.jpg
e0158628_15184247.jpg

写真:「 植物の記録 展/回顧12~14 」展覧会風景


名古屋のhaseさんでの展覧会「 KiKusa 植物の記録 展/回顧12~14 」には、
たくさんの方が遠くからお足を運んでくださり、ありがとうございました。
植物づくりの会も30人ほどの方にご参加いただき、ありがとうございました。
植物に触れ合う時間を楽しんでいただけたと思います。

緊張感のあるhaseさんの広い空間での展覧会は、さながら植物美術館の様でした。
KiKusaのこの2年間の歩みをご覧いただけたと思います。

植物藝術のものづくりは始まったばかりで、まだまだ深く突き進めていきたいです。
やりたいことも山積みで、植物が持つ無限の力をもっと抽き出して、
誰もが見たこともないような植物の姿を形づくって行きたいと思います。

世界は常に変わっていくもので、それをどう変えていくのかは、
今を生きる私たちに掛かっています。
植物は、暮らしを支え、癒し、悟し、心を開放してくれる存在です。
不確かな世の中で確かな未来を指し示すには、植物と藝術の力が不可欠だと確信しています。
とはいえ、人一人では何も変えられません。植物の力を感じ取った方々と共に、
これからも一歩ずつ歩みを進めて行きたいです。

------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2014-11-11 15:27 | KiKusa

「 植物の記録 展 / 回顧 12~14 」名古屋での展覧会11月1日〜


e0158628_18464872.jpg
写真:立ち枯れしたアナベル紫陽花の鉢植え
「野生のけわい 展」では、野生的な雰囲気のある鉢植えをたくさんご購入いただきました。
紅葉落葉の季節からまた春に向けて、みなさん頑張って育ててくださいね。

e0158628_18483488.jpg
e0158628_1848941.jpg
写真:「 野生のけわい 展 」展示風景


大阪・北浜の MAISON GRAIN D'AILE さんでの「野生のけわい 展」には、
たくさんの方がお足を運んでくださり、ありがとうございました。
皆さんに喜んでいただける展覧会ができて、本当に感謝です。
新しい試みの作品もご好評いただいて、もっともっと深めた作品にして
またご覧いただきたいと強く思いました。
植物の持つ力の底深さに、いつもぞくぞくさせられます。

---

e0158628_20311668.jpg

さて次は、今週末11月1日から始まる、名古屋のhaseさんでの展覧会「植物の記録 展/回顧12~14」です。
KiKusaをご覧いただくのが初めての方や、長くご覧いただいてる方まで、
楽しんでいただける展覧会にしたいです。

KiKusaは、2007年から植物のものづくりを開始し、
2008年に「KiKusa」を設立し、大阪で店舗を構えました。
そして大きな転機になったのが、2011年の「48の植物リース 展」で制作した
マルク・シャガールへのオマージュ作品<ダフニスとクロエ>24点の連作リースです。
植物が藝術として人の心を強く動かすことができると改めて気付き、
植物で藝術表現をしていくことを決意するきっかけになりました。
新たな想いで、2012年から植物作品の展覧会に取り組んできました。

2012年3月 「 自然の鉛筆/押し花と写真 展 」
2012年6月 「 形のない紫陽花リース 展 」
2012年12月 「 死せる自然 展 - 静物のリースとオブジェ - 」
2013年11月 「 いのちのリース 展 」
2014年7月 「 野の草 - 干し草の風景 - 」
2014年10月 「 野生のけわい 展 」

その2年間の中から上記の6つの展覧会を回顧します。
歩んできた足跡から、次への新たな形が見えるような気がします。

haseさんの素敵な空間がそれを可能にし、今までにないKiKusaの展覧会になると思います。
どんな空間で、何を感じさせてくれるのか、展示するのが今から楽しみです。

11月1日(土)、2日(日)、5日(水)、9日(日)は、作家在廊します。
外に出るには良い季節です、名古屋まで足を伸ばして、ぜひいらしてください。

------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2014-11-05 07:46 | KiKusa