<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ほよ(宿り木)


KiKusaの「伊勢のしめ縄づくり」には、今年は80人の方にご参加いただき、
ありがとうございました。

皆さんが頑張ってしめ縄飾りを作る姿を見て、今も昔の人も同じように持っていた
良い新年を迎えたいという素朴な気持ちが、この慣習を続かせて来たのだと思いました。
便利さを追求する時代に、古くから伝わる文化は何か素敵なものを教えてくれます。
また来年もたくさんの方としめ縄づくりを楽しめたらと思います。

今年も皆さまに支えていただき、ありがとうございました。
松阪に来ていただく場所がまだ作れずに、もわもわとした気持ちの中
(皆さまにも同じ気持ちをさせたかもしれませんが)、試行錯誤の一年でした。
新しい出会いもあり、人との繋がりの大切さをいっそう感じました。
次の年は、作品づくりと場所づくり、さらに進めたものをお見せできればと思っています。

こらからの時代に、藝術(アート)は人が生きる路の澪標(みおつくし)となり、
植物の力は、ひとときの現世を旅する私たちのお守りとなるはずです。

-----

e0158628_17121828.jpg
宿り木(ヤドリギ)


宿り木(ヤドリギ)は、ケヤキ・ブナ・サクラなどの他の木に寄生する常緑低木。
ケルト民族は宿り木を神聖視し、〈不死、活力、肉体の再生のシンボル〉とした。
キリスト教ではイエスの十字架を作った木にも宿り木が寄生していたといわれる。
冬枯れした木に生える常緑の姿に、古代人は呪的な生命力を感じたであろう。

天平勝宝二年(750)の正月に、越中国庁で大伴家持が催した新年の宴の席で、
ほよ(宿り木)をかざしたことを歌ったと万葉集にはある。

「あしひきの/山の木末(こぬれ)の/寄生(ほよ)取りて/挿頭(かざ)しつらくは/
千年(ちとせ)寿(ほ)くとそ」 家持

山の木々の梢の宿り木を取って髪に挿して飾っているのは、
千年の長寿を願うという意味。

宿り木の生命力をいただいて、新たな年を迎えたい。

-------------------------

KiKusaでは、年間の売り上げの1%を、困難な環境を生きる世界の子供たちを支援する
特定非営利活動法人「ワールド・ビジョン・ジャパン」へ寄付の対象にしています。
展覧会や全国からのご注文などのご購入や、
植物づくりの会へのご参加のすべてが対象となります。
皆様には、KiKusaでご購入いただくことで、この活動に参加いただけることになります。

2015年の売上分も「児童保護募金」に寄付させていただきました。

-------------------------

KiKusa
L'Art de la Botanique

tel / fax 0598-67-0524
mail kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2015-12-31 17:18 | KiKusa

「癒し」と「恐怖」


e0158628_140897.jpg


最近は、山にひとり入ると恐い感覚になります。
大きな木がうねりを上げて伸びる姿、静まり返る静寂と、
風に動く木々の音、遠くから聞こえる獣の鳴き声、深い池に跳ねる生き物の音。
そんな自然対自分という途方も無い図式に圧倒されてしまう。
本来、人も動物で自然の中に生きる生き物であることを思い出すのです。

普段の人間社会の中では、忘れている感覚、使っていない感覚、
自然と対峙するときの緊張感や、本能が刺激される野性を失っている気がします。
自然は、その姿が綺麗で接する人の心が安ませる「癒し」と、
人智が到底及ばない力を持つ「恐怖」を持ち合わせるもの。
そんな自然の陰陽の姿を、小さな植物の中に宿したような作品を作りたいのです。

---

今週末から奈良、大阪、三重と4日間のworkshopに出張します。

昔から家の裏には「山の神」が祀ってあるから、家の屋号が「山の神」という。
しめ縄は、お正月の神様「年神様」を家に招き入れるためのお飾り。
「年神」は「山の神」と同じ神様とされる。
小さい頃におばあさんに教えてもらってしめ縄づくりをしていることにも、
そんなご縁がある。毎日「山の神」に手を合わせ、しめ縄をつくり始める。

稲を干した藁から、穂の太い芯だけを一本ずつ摘み取る。
お米の一粒一粒が命の実り、一本の藁に宿る神様に感謝してしめ縄を飾る。
自然と向き合い、日本人が積み重ねてきたことは、私たちの遺伝子にも刻まれている。

昔ながらの慣習を愉しみ、気持ち良い心で新年を迎えたい。

------------------------

KiKusa
L'Art de la Botanique

tel / fax 0598-67-0524
mail kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2015-12-23 14:06 | KiKusa

-冬の星座-作品のご紹介


11月に大阪と名古屋で開催した「森のクロンヌ-冬の星座-」には
お足を運んでくださり、ありがとうございました。

新作の植物クロンヌ(花環)作品は、枝の素材の異なりによって
また雰囲気や意味合いもが変わり楽しめました。
来年は、新たな枝葉に挑戦した作品をお見せしたいです。

---

植物の形には、自然がつくる有機的な曲線の温かみがある。
野山の風景のように見飽きない普遍のもの。
その自然を人の手によって象ったクロンヌ(花環)にも
野山をそのまま切り取ったような無造作な不整美を宿したい。
乾いた植物は生の一瞬を留めたオブジェ。
自然のものがひとつあるだけで、その場の空気感が変わる。

「森のクロンヌ-冬の星座-」から作品をご紹介します。
ご購入可能な数点のみをご覧いただきます。
(受注制作になるもの、複数あるものもございます)
ドライの植物オブジェなので、長く飾っていただけます。
お祝いや贈りものにもお勧めします。(贈りもの用ラッピングあり)
カレンダーやカードsetなどとご一緒にどうぞ。

---

森のクロンヌ -冬の星座-
COURONNE DES BOIS < Les constellations d'hiver >

野山の枝実草花でつくる環のオブジェ
冬空に輝く星の破片が銀河をつくるように
植物の小さな集まりが大きな森をつくる
野に散らばるミクロコスモスを象る
無造作、曲線、不整美、鈍、枯淡、自然がつくる普遍の形
「箒星」「星屑」「昂」「銀河」「金星」「ホシクサ」



e0158628_12132046.jpg

「昴(すばる) Pleiade 」
夏黄櫨(なつはぜ)の枝先が作る無造作な動きが美しいオブジェ。
牡牛座にある小さな星が集まったプレアデス星団の和名を「昂すばる」という。
フランスでは「雛箱」、イギリスでは「七人の乙女」と呼ばれたりする。
清少納言の『枕草子』にも”星は「すばる」「ひこぼし」「ゆふづつ(宵の明星)」”が良いとある。

size/環直径約30cm、高さ20cm
material/夏黄櫨(なつはぜ)、高野箒(こやぼうき)、野茨(のいばら)
price/¥22,000(税込)
作家のお勧め作品です



e0158628_12135727.jpg

「星屑(ほしくず) Amas d'etoiles 」
森の枝を拾い集めたような自然な枝のオブジェ。
夜空を散らばる無数の星と、私たちの身体やこの星のあらゆるものは同じ星屑からできている。
ちぎれたり、壊れたりして役に立たなくなった屑も、素は自然がつくる美しい星のかけら。

size/環直径約17〜20cm、高さ10cm
material/夏黄櫨(なつはぜ)、白樺(しらかば)、高野箒(こやぼうき)、野茨(のいばら)
price/¥10,000(税込)
小さめのサイズで飾りやすい



e0158628_12145999.jpg

「 草の花束 - 流星 - Bouquet d'herbes 」
野山に咲く草花の乾いた花束のオブジェ。
小さな草花の乾いた姿に美しさを感じるのは、古来から日本人が持つ「もののあわれ」
という無常観や四季の移ろいの儚さを知っているからだろう。
一瞬で流れ消えゆく星も、その心の奥で感じる美しさ。
花束がくれる力は、ひとときの現世を旅するお守り。

size/20〜26cm
material/茅萱(ちがや)、青葛篭藤(あおつづらふじ)、高野箒(こやぼうき)、
野茨(のいばら)、姫昔蓬(ひめむかしよもぎ)、灸花(やいとばな)、蟹草(かにくさ)、
薊(あざみ)、狐の孫(きつねのまご)、釣り鐘人参(つりがねにんじん)、
狗尾草(えのころぐさ)、小判草(こばんそう)など(個体により多少異なります)
price/¥4,200(税込)
花器に差したり、壁掛けや棚に置いてもいい
(複数ございますので、それぞれ異なりますが写真と同じような雰囲気です)

-----

お問い合せ、ご注文 | 0598-67-0524
           kikusa@mctv.ne.jp

全国発送致します。送料(¥690〜)が別途かかります。
代金は銀行振込(ゆうちょ銀行、UFJ銀行)で、お願い致します。

■税込¥10,000以上お買い上げの方は、送料無料にさせていただきます。
KiKusaのカレンダー、メッセージカードやポストカード、ポスターなども
まとめてご注文いただくとお得になります。

---

「 KiKusa 2016 Calendar 」もまだ在庫ございます。
大小サイズ2種類(type I, typeII)の植物や月、季節を感じるカレンダー、
KiKusaへ直接ご注文いただくと、特典のポストカードが付きます。
まだお持ちでない方は、その他ポスターやカードと一緒にぜひご注文ください。
KiKusa 2016 Calendar type I
KiKusa 2016 Calendar type II

------------------------
KiKusa
L'Art de la Botanique

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
by KiKusa-note | 2015-12-06 16:14 | KiKusa