リースの主題が西に向かう訳


e0158628_21483130.jpg
印象派のリース - impressionism - No.7

始まりも終わりもない丸い輪のリースは「永遠」を表す。
ところが日本的感性で向き合えば、この自然世界は相対的であり、
無常であるから、「永遠」という輝きは存在しないのだけれど、
「変容」という輝きを見出すことができる。
変わりゆくものの儚さや余情に、心を共感させることができる。
絶対神を信仰する西洋のリースは、オリーブやヒイラギなどの常緑樹を使い
その永遠性を表そうとする。
自然乾燥の紫陽花リースは、光によって色を失い変化するけれど、
その先にまだ美を見出すことができる。
日本の美的感性にとっての「永遠」とは、変わりゆく中での「この瞬間」
なのである。

そういう日本の美意識を持った上で、西洋史観の美術芸術を咀嚼していけば、
日本人の死生観や文化の質と奥深さが浮き出されてくるはずである。
今、日本人の未来へのはっきりとした道筋が見えずに混沌としている中、
ひと時の迷いで歩を進めることは、ますます事態を悪くさせている。
いままでも、日本の歴史を大きく動かしてきたのは西からの風だった。
新たに、西の方角からこの国を観たときに、浮かび上がり掬い取った「日本」
とは何なのか、知る必要があると感じるからである。


--------------------------------
KiKusa
Botanical Art
# by KiKusa-note | 2012-11-28 20:05 | KiKusa

KiKusa展覧会「 印象派 展 」


e0158628_2215953.jpg
e0158628_2222444.jpg

photo, graphicwork=堀之内信哉 (KiKusa)



「 印象派 展 - 自然のリースの連作 - 」
KiKusa Botanical wearth - impressionism -


12月1日(土) 〜 12月16日(日)
会期中は水曜も営業致します。月曜、火曜のみお休みになります

KiKusaにて

19世紀後半のパリで前衛的な美術運動を起こした印象派画家。
伝統的なアカデミーの規則から脱して、現実の生活や自然と直接に向き合い、
その変容を生の痕跡として描いた。
印象派の絵画技法には、絵の具を混ぜて濁らないようにするために、
タッチのひとつひとつを分けて塗るといった色彩分割(ディヴィジョニスム)や、
明暗色の色彩の対比法がある。
これらは、花弁が筆触のように点在する紫陽花リースの特質と重なる。
並べられる2、3色の点(花弁)が、人の目の生理現象の中で
混色されて見えるため、新たな色を作り出す。
こうして、作品制作された「印象派の紫陽花リース」。
同じ対象に同じ主題に、たち向かった連作。18点のリースの展示を、
ぜひご覧ください。


------------------------------------------------
KiKusa
Botanical Art
# by KiKusa-note | 2012-11-25 12:39 | KiKusa

KiKusa展覧会 「ギリシャ神話のリース 展 」


大阪・吹田にある、美味しいパンのお店
「Boulangerie le matin de la vie (ルマタン)」さんの一角にて、
KiKusaのリースの展覧会を開催します。

紫陽花や野山の実のドライを使った自然な雰囲気のリース、
それぞれにギリシャの神々の物語が込められている。
遥か古代に想いを馳せて、ご覧になってください。

----------------------------


KiKusa ギリシャ神話のリース 展
The wreath of Greek mythology

2012.11.27(火) 〜 12.8(土)

Boulangerie le matin de la vie
< Galerie ギャルリ >にて
11時〜19時(最終日は〜18時)
12月2日、3日はお休み



毎日、美味しいパンを食べる。当たり前にあるものに幸せを覚える。
「パン」という言葉は「食物」を意味するラテン語の「pasco」に由来する。
ギリシャ神話の牧神”パン”からきていると言われる話もある。
半人半羊の姿で、羊飼いや狩人の守護神である”パン”が、
人間に「パン」の作り方を教えたとされることから、その名が付いたという。
また、森や野原をつかさどる神でもある牧神”パン”は、
パン屋の「パン」と、野山の植物との時間の想像をつなげてくれる。
遠く離れた古い時代のギリシャの神々と、私たちの身の回りのものとは、
以外なほど関わりがあるのかもしれない。
ギリシャ神話を象った植物リースの展覧会を天然酵母のパンの店で開きます。

クリスマスに「永遠」「環」「和」を表す植物リースを飾ってみてください。
他に、ドライ植物のオブジェや植物を題材にしたカードやカレンダーも展示。



Boulangerie le matin de la vie < Galerie >
ブーランジェリィ ル マタン ドゥ ラ ヴィ < ギャルリ >

吹田市山田西 3-57-16
コモン山田ウエスト105
tel / fax , 06-6876-5547
open , 10:00 - 19:00
close , 日曜、月曜
http://www.boulanger-le-matin.com


e0158628_22381566.jpg

DM写真:-Pan-のリース、ルマタンさんのカンパーニュ、19世紀フランスのワイングラス

-----------

「 パン -Pan- 」
森や野原をつかさどる神、羊飼いや狩人の守護神。山羊座の主。
半人半羊の姿で、笛の名手。理想郷といわれたアルカディアの森に住み、
野山をめぐってはニュンペー(精霊)たちと踊ったり、音楽を楽しんだ。
アルテミスの侍女をしていたニュンペーの可愛いシュリンクスに恋をして、
葦の原まで追いかけ捕まえたが、シュリンクスは葦に姿を変えてしまう。
その葦を切り揃え”パンの笛”とよばれる楽器を作った。
古代ギリシャで使われていた笛"パンフルート"は、この話に由来し、
パイプオルガンやハーモニカの原型といわれる。
さらには遠く日本に伝わり、雅楽で使われる簫(しょう)と呼ばれた。

-----------

e0158628_22384048.jpg

DM / photo, graphicwork=堀之内信哉 (KiKusa)


----------------------------
KiKusa
Botanical Art
# by KiKusa-note | 2012-11-19 21:36 | KiKusa

落ち葉拾い


店頭入口の前にあるたくさんの実を付けたドングリの木(コナラ)も
実が茶に色づきころころと落ちて、秋が深まっていくのを教えてくれます。
鉢植えも日に日に紅葉が進んで、秋の雰囲気を盛り上げてくれます。

ウラジロの木とヤマブドウの葉が、お気に入りの落ち葉。
今日の落ち葉はないかと、鉢の周りをくまなく確認。
さらには、紅葉して落ちそうな葉を、手で触ってチェックして、
風で飛ばされてしまう前に収穫する。
どんだけ見ても飽きのこない色合いや味わいは、自然にしか作れない。
落ち葉拾いの楽しみ。


e0158628_22191318.jpg

写真 : KiKusa店内風景

----------------------------
KiKusa
Botanical Art
# by KiKusa-note | 2012-10-17 22:25 | KiKusa

贈り物の紫陽花(あじさい)リース


e0158628_20552653.jpg

e0158628_20561932.jpg

参考写真


ご結婚、ご出産、ご開店などのお祝いに、植物リースの贈り物。
自然な雰囲気の紫陽花(あじさい)リース。

様々な色や種類の西洋紫陽花に、縁起の良い「八」をイメージした
8種の野山の実を合わせてリースにしました。
自然なドライの植物素材を重ね合わせて制作しております。

その季節によって使う紫陽花の種類も変わります。
紫陽花は、薄赤紫(ピラミッド)、紫(水無月)、緑〜黄(アナベル)など。
野山の実は、野茨、猿捕茨、青葛篭藤、野葡萄、小紫、南京黄櫨など。
しっかりと厚みのあるリースなので、ボリュームもあります。
リースには「 環 = 永遠、つながり、和 」の意味が込められています。

¥8,000(税込)〜
リースサイズ / 直径 約 9〜10cm、 厚み 約 5cm = ¥8,000 (税込)
ご注文に応じたサイズやご予算で制作を承ります。
ご希望の方には、KiKusaのオリジナルメッセージカードをお付けします。

------------------------
ご購入の際のご注意点

1点ものですので、それぞれに異なりがあります。
写真のものと同じものではありませんが、
雰囲気のある自然なリースを制作しております。

KiKusaの植物のドライは、自然乾燥で制作していますので、
天然の優しい落ち着いた自然の色合いです。
色味は時間とともに少しずつ変化します。
より落ち着いた色になり、色が抜けてゆくものもあります。
その変化も自然の雰囲気で、また違った魅力があります。

それでもより現状を保つためには、直射日光に当てない。
極端に高温多湿の環境はさけてください。
湿度の高い6〜9月は飾らずに乾燥剤を入れ密閉した箱などに
仕舞うことをお勧めします。

植物は、暮らしを彩り、心を癒してくれる、かけがえのない存在です。

お問い合せ、ご注文| 0598-67-0524
           kikusa@mctv.ne.jp

全国への郵送も承ります。
ご郵送は、郵送代が別途掛かります。
郵送代(ゆうパック)は、¥900〜になります。
■¥10,000以上お買い上げの方は、送料無料にさせていただきます。
KiKusaのカレンダー、メッセージカードやポストカード、ポスターなども
まとめてご注文いただくとお得になります。

------------------------
KiKusa
Botanical Art

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
# by KiKusa-note | 2012-09-17 22:05 | KiKusa

山葡萄の鉢植え


夕暮れになると、夕立ちがあったりと、少し涼しさを感じます。
この季節の黄昏の空の美しさには、目を奪われるばかりです。
光と雲の表情に、毎日空を見上げてはドキドキしてしまう。
地球の大気のスペクタクルに圧倒されます。
植物もまた、自然の向こうに宇宙を感じさせてくれる存在です。

-------------------------


e0158628_13133018.jpg

写真 : たわわに実がついた山葡萄の鉢植え


たわわに実った葡萄の重さで、枝がしなってしまうのを
竹の支柱で支えてあげました。
葉は、虫に食べられた痕で穴ぼこだらけです。
よく見ると鉢には、小さなカタツムリが這っている。
ひとつの鉢植えでも、草や虫といった小さな存在が
世界の豊穣を教えてくれる。

鉢植えを育てている屋上には、たくさんの鳥たちもやってくる。
写真を撮った後で、この山葡萄の実はほとんど鳥に食べられて
しまいました。
残念な気持ちになりましたが、植物にしてみれば
本来の目的を果して、微笑んでいるのかもしれません。

------------------------------
KiKusa
Botanical Art
# by KiKusa-note | 2012-08-29 13:23 | KiKusa

大阪で、あと1年


e0158628_23401933.jpg

写真 : 紫陽花の鉢植え


真夏日の太陽がギラギラと植物に照りつけると、
土の水分もあっという間に奪っていきます。
日に2回、朝夕の水やりが、植物にとっての生命線。
鉢が水分に満たされ潤うと、辺りに心地よい空気が広がって、
水やりをしているうちに、こっちが癒されている。
そんな毎日の植物との付き合いです。

さて、8月に入りました。
皆様にも度々お話ししていますが、
大阪・玉造での「KiKusa」の店舗営業は、来年の夏までになります。
4年前の秋、5年間はここで頑張ろうとお店を始めました。
いつかは、故郷である三重県の松阪市に移り住もうと思いつつも、
何をして生きていくのか、なかなかイメージ出来ずにいました。
もの作りの仕事をすれば、田舎でも暮らせるとの想いから、
植物のもの作りを形にするために「KiKusa」を始めました。
そして4年が経とうとしています。
来年は松阪に拠点を移して、「KiKusa」の表現活動を
さらに広げていけたらと思っています。
松阪でもいずれは植物を見ていただく場を作りたいと思っていますので、
また楽しみにしてください。

植物で伝えたいこととは何だろうかと、いつも自問します。
旅行に行ったり、音楽を聞いたり、山に登ったり、
みんな「何か」を求めている。そこにいったい何があるのだろう。
いつもとは少し違う何か、いつもとは違う新しい景色が
そこには見えるのじゃないか。その先には幸せがあるのだと思う。
その「何か」が植物にもある。
足下にある何気ない草や葉が、見える景色を変えてくれるのです。
こんなにも身近に、簡潔で力強い幸せがあるのです。

KiKusaが植物を手に、これからしていきたいことは、
その「何か」を形にして残していくことです。

------------------------
KiKusa
Botanical Art
# by KiKusa-note | 2012-08-01 23:45 | KiKusa

KiKusaの印刷物作品


e0158628_1240269.jpg

写真 : KiKusaの印刷物


KiKusaでは、植物を題材にした印刷物作品を制作しております。

ポスター、ポストカード、メッセージカードなど。
ハガキや贈り物に添えていただいたり、
額装して、壁に飾っていただいてもお勧めです。
フィルムで撮影したしっとりした描写の写真を、風合いのある紙に印刷して、
シンプルで長く使っていただけるものを制作しています。

------------------------

『 POSTCARD 』
・ポストカード5枚set / 「植物」:¥600(包/グラシン封筒)
・ポストカード5枚set / 「枯れ」:¥600(包/グラシン封筒)
・ポストカード5枚set / 「2009」:¥600(包/グラシン封筒)
・ポストカード6枚set / 「Botanical Arcives 2011」:¥800(包/グラシン封筒)
・ポストカード5枚set / 「押し花」:¥800(包/グラシン封筒)
・ポストカード5枚set / 「鉢植」:¥750(包/グラシン封筒)
・ポストカード作品8枚set / 「Wreath」:¥2,100(包/KiKusa紙箱)
・2色刷ポストカード3枚set / 「monotone」:¥850(包/グラシン封筒)
・ポストカード12枚set / 「2016」:¥1,600(包/グラシン封筒):2016年カレンダー版
・薄手ポストカード12枚set / 「2015」:¥1,100(包/グラシン封筒):2015年カレンダー版
・ポストカード1枚 / 「アガパンサス」:¥150
・ポストカード1枚 / 「ビルベリーと春蘭」:¥150

『 MESSAGE CARD 』
・メッセージカード12枚set / 「2016」:¥960(包/グラシン封筒):2016年カレンダー版
・メッセージカード12枚set / 「2015」:¥900(包/グラシン封筒):2015年カレンダー版
・2色刷メッセージカード3枚set / 「monotone」:¥400(包/グラシン封筒)

『 POSTER 』
・正方形ポスター1枚 / 「薔薇」:¥1,200(包/筒包装)
・単色ミニポスター1枚 / 「ビルベリーと春蘭」:¥440
・ミニポスター4枚set / 「4 years poster」:¥1,680(包/KiKusa封筒)
・静物画ポスター作品 - L 1枚 / 「NATURE MORTE」サイン入り:¥4,200(包/筒包装)
・静物画ポスター - S 1枚 / 「NATURE MORTE」:¥1,680(包/筒包装)
・植物ポスター 2枚set / 「POSTER 野生のけわい - LE SIGNE SAUVAGE」 -:¥2,640
・植物ポスター 1枚 / 「POSTER 草の縁 - Les liens d'herbes 」 -:¥1,080
・アンティークポスター作品5枚set / 「ドイツ古紙ポスター」:¥8,400(包/KiKusaファイル)

『 図録 』
・植物図録10枚set / 「木草録 Ki-Kusa-Roku」:¥3,150


---

お電話、メールでのご注文、全国への発送も可能です。
贈り物などにも、喜ばれます。

お問い合せ、ご注文 | 0598-67-0524
           kikusa@mctv.ne.jp
(お電話は時間によってはお受け出来ないときもあります)

お電話やメールでのご注文で、全国への配送可能です。
ご希望の場合は、郵便番号、住所、氏名をお知らせください。
ご郵送は、ゆうメール便(¥180)か、ゆうパック(¥690〜)が掛かります。
代金は銀行振込(ゆうちょ銀行、UFJ銀行)でお願いいたします。

■¥10,000以上お買い上げの方は、ゆうパック送料無料にさせていただきます。
¥3,000以上お買い上げで、ゆうメール送料無料にさせていただきます。
KiKusaのリースや押し花、ドライオブジェなどや、カレンダー、ポストカード、
ポスターの印刷物など、まとめてご注文いただくとお得になります。

---------------------
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
# by KiKusa-note | 2012-07-27 12:43 | KiKusa

力と愛情


普通のことだけど、植物は実をつける。
小さい実がだんだんと大きくなる姿に、力と愛情を感じる。
夏を越えて熟していくのを眺めながらほおえむ。
こういう小さな喜びを日々に持てることの幸せ。


e0158628_20385094.jpg

写真 : 実が付き始めた山ブドウの鉢植え

--------------------------------
KiKusa
Botanical Art
# by KiKusa-note | 2012-07-20 23:13 | KiKusa

「 押し花 」


e0158628_2284515.jpg
e0158628_2283386.jpg

写真 : スズメウリ、サクラソウの押し花


-------------------------

- KiKusa Botanical Archives -

「 押し花 」

活版印刷で文字を入れたドイツのアンティーク紙(A4サイズ)に、
押しためた植物を合わせたKiKusaの押し花作品です。

花だけでなく、野草、蔓もの、葉なども押します。
植物の繊細さが凝縮されて、
どこまでも見続けられる自然の絵画です。
標本のように草の根まで記録して、
時が経つほどに味わい深くなっていきます。

クラフトの台紙をつけていますので、
そのまま飾っても、額に入れてもよいですよ。
部屋に一枚飾るだけで、空気を変えてくれます。

たくさんの押し花作品を制作しています。
小さいサイズもございます。

-------------------------
KiKusa
Botanical Art
# by KiKusa-note | 2012-07-13 22:14 | KiKusa

紫陽花の展覧会風景


e0158628_11365581.jpg
e0158628_11373116.jpg

「 形のない紫陽花リース 展 / いのちのリース vol.2 展 」展示風景

------------------

いのちの物語がある紫陽花リース。
そのひとつの物語を紹介します。


e0158628_11393967.jpg
いのちのリース 「 しゃぼん玉 」

「 しゃぼん玉 」
童謡「しゃぼん玉」を作詞した野口雨情(のぐちうじょう)。
「しゃぼん玉とんだ屋根までとんだ・・しゃぼん玉消えたとばずに消えた・・」
生まれたばかりの長女を亡くした悲しみを歌ったものといわれている。
その後、何人かの子をもうけ、雨情は歌う「風、風吹くな しゃぼん玉とばそ」
諸行無常の世。「常」は「無」い。ただ「無」くなるのではなく「変」わる。
自然全ては循環し、形を変えている。人ひとりもその輪の一部を担っている。
少し引いた大きな心で見つめてみると、私の輪もあなた輪も同じ輪だと気付く。
その自然というひとつの輪は「いのち」でできている。

------------------

「 形のない紫陽花リース 」は、ドライの紫陽花(あじさい)の花(額)だけを
摘み取ったものを、七色のシリーズでパッケージしています。
贈りものにも喜ばれています。
フランスアンティークの古紙もご購入いただけます。

e0158628_11395554.jpg

「 形のない紫陽花リース 」、アンティークの古紙

---------------------------
KiKusa
Botanical Art
# by KiKusa-note | 2012-07-05 11:42 | KiKusa

ハイドランジア


e0158628_1194099.jpg

写真 : 日本紫陽花(土佐紺青)


6月は旧暦では「水無月」と書くけれど、雨の季節。
植物にとっては恵みの雨。そして紫陽花(あじさい)の季節。

紫陽花の学名ハイドランジア(Hydrangea)は、
ギリシャ語の「水」を表すヒドロ(hydro)と「容器」のアンゲイオン(angeion)
とからなり、水をたくさん吸収するという性質から名づけられた。
日本語の名は、万葉集では「味狭藍」「安治佐為」の2通りで表された。
「アズサイ」と言われていたことから、集真藍(あずさあい)となり、
「あず」には集まるの約、「さ」は意味のない接頭語で、「さ藍」が「さい」となり、
藍(青)が集まって咲く花を意味したという。

また、紫陽花は元々は日本に自生する「山紫陽花(日本紫陽花)」が
18世紀にヨーロッパに渡り、品種改良され、「東洋のバラ」として人気を
博したものが、20世紀には世界中に広まり、日本にも逆輸入された。
その「西洋紫陽花」が私達の身近なところで花を咲かせているのです。
原種である日本紫陽花は、日本らしい奥床しさを持っている。

普段はあまり人の目にも留まらないこの植物も、
梅雨の季節には一斉に花を咲かせ、一気に主役に躍り出る。
花が散ってしまうと、また目立たない存在にもどる。
桜ほど散り際は様にはならないが、朽ちていく姿も見守りたい。

-------------------------------
KiKusa
Botanical Art
# by KiKusa-note | 2012-06-09 01:21 | KiKusa

「 形のない紫陽花リース 展 / いのちのリース vol.2 展 」


e0158628_22544514.jpg
e0158628_2245044.jpg

「 形のない紫陽花リース 展 / いのちのリース vol.2 展 」
KiKusa Botanical Archives -
The formless wreath / The wreath of life vol.2




- 紫陽花の季節 -

------------------

「 形のない紫陽花リース 展 」

ドライの紫陽花(あじさい)の花(額)だけを摘み取ったものを、
輪にして、山にして、自由な形を作る「形のない紫陽花リース」。
柔わらかな落着いた雰囲気、飾る場所の想像を膨らませる。

紫陽花はたくさんの「色」を見せてくれる。
種類の多さによる色、育つ土や水によっても変化する色。
咲いているうちに変わる色、ドライにして乾いた時の落ち着いた色。
古くから七変化といわれ楽しまれたことから、七つの色タイプの
「形のない紫陽花リース」を作ります。
『にじいろ』『そらいろ』『やまいろ』『しぶいろ』など七色のシリーズ。
さらにアンティークのフランスの古紙にあわせた展示です。


「 いのちのリース vol.2 展 」

この春、丹波篠山のcolissimoで「いのちのリース 展」を開催しました。
恋する人へ、愛する人へ、生まれくる子へ、死んでしまった人へ、
愛を贈るリース。
いのちの物語がある紫陽花リースを、KiKusaでもご覧いただきたくて、
新作を追加してvol.2の開催をします。

------------------

2012年6月13日(水)〜7月8(日)
KiKusaにて

-------------------

KiKusaのイベント

「 紫陽花の草木染め 」
リネン(麻)のクロスを紫陽花で染める体験
薄い透け感がある綺麗な布で、アンティークリネンのような
雰囲気のある上質なものを使います。
サイズは約 48cm x 48cm で、大きめのハンカチくらいです。
自分で染める作業を手軽に体験できます。

7月6日(金)、7日(土)、8日(日)
13時〜、15時〜、17時〜

 場所 | KiKusa 2F
 定員 | 各4名(予約制)

----------------------------------
KiKusa
Botanical Art
# by KiKusa-note | 2012-05-31 22:55 | KiKusa

colissimoでの「 いのちのリース 展 」 終了


e0158628_1621920.jpg

e0158628_22455081.jpg

写真 : 展示風景
PENTAX67, KODAK PORTRA NC


丹波篠山のcolissimo (コリシモ)さんでの
KiKusa 「 いのちのリース 展 」は、無事終りました。
少し遠くでしたが、たくさんの方にお足を運んでいただき、
ほんとうにありがとうございました。

今年の2月初めに声を掛けていただき、展覧会をさせていただくことになって、
制作に打ち込んだ2ヶ月間、この場所、この季節、すべてが素敵な体験でした。

展覧会を観ていただいた方には、築70年の木造建の郵便局舎跡で、
私たちの「宇宙」や「過去」について想いを馳せて、
植物のリースという作品の中から、
「いのち」や「未来」についての何か大切なものの手がかりを、
少しでも感じていただくことができたのなら良かったと思っております。


------------------------------------------------
KiKusa
Botanical Art
# by KiKusa-note | 2012-05-16 16:27 | KiKusa

山の風景


e0158628_2382335.jpg

写真 : 山ぶどうの鉢植え


この季節は、山の風景に見取れてしまいます。
落葉樹の木の若葉の枝葉が広がり、
木々の風景を豊穣な世界へと変えていきます。
大きく見れば、ただ山がある。
でも細く見つめれば、枝葉は風に揺らめいています。
どこまでも深い色合いに、どれだけでも眺めてしまいます。
自然が作りだす、飽きない風景。
そんな景色を切り取って、部屋に飾りたい。
KiKusaのもの作りの想いはそこから始まります。

------------------------------
KiKusa
Botanical Art
# by KiKusa-note | 2012-05-08 23:11 | KiKusa

展示風景 - コリシモ


e0158628_1441678.jpg
e0158628_1445818.jpg
e0158628_1444714.jpg

写真 : 展示風景

--------------------

丹波篠山の古い郵便局跡のギャラリーとカフェ colissimo (コリシモ)さんでの
KiKusa 「 いのちのリース 展 」。
colissimo さんのホームページにて、
KiKusaのインタビュー記事をアップしていただきました。↓
colissimo_Talk

「 いのち 」の物語のある紫陽花リース。詳細は過去記事へ。

------------------------------
KiKusa
Botanical Art
# by KiKusa-note | 2012-04-28 01:46 | KiKusa