初夏の野山は清新な香り

日に日に木は枝葉を広げて、新しい芽には花芽が付いてきました。
人の社会と同じで、また新しい季節が始まりましたね。
野山の青い春は新しい命の息吹で満ちあふれていて、
まだまだ柔らかい若葉が愛らしい頃ですね。


e0158628_14065463.jpg
若葉の大山蓮華の鉢植え

---

KiKusa 十周年記念展示
第一部
「始まりは木と草から」

2018年5月12日(土)13日(日)
会場/MIAISON GRAIN D'AILE

五月は初夏の山の香りを野山の鉢植えから感じていただく展示を開催します。
大阪でKiKusaを設立し店舗を構えてから今年で十年。
感謝の気持ちを込めて大阪での記念展示です。
第一部は、KiKusaの始まりを回顧して野山の植物でギャラリーを埋める2日間の展示。
母の日の頃でもありますので、野山の鉢植え、日本紫陽花(山紫陽花)の鉢植え
なども贈りものにもお勧めです。

---

4月30日までは、岡山の牛窓にある「御茶屋跡」にて、木工作家の市川岳人さんの
作品に合わせKiKusaが植物をしつらえた展示が開催中です。
KiKusaの作品もご覧いただけます。
牛窓の美しい瀬戸内の海を背景に、歴史的な日本建築の建物での展示。
瀬戸内の島々と一緒に旅行を企画してみてください。

「市川岳人 + KiKusa」
会期/4.14sat. ~ 30mon.(水、木お休み)
会場/御茶屋跡
岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓2833
10:00 - 18:00


------------------------
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp




# by KiKusa-note | 2018-04-23 14:05 | KiKusa

御茶屋跡の展示始まりました

岡山の牛窓の「御茶屋跡」での展示「市川岳人 + KiKusa 展」が始まりました。
歴史ある日本家屋のギャラリーは、裏側が海という素敵なロケーション。
初日は市川さんと在廊しました。来てくださった方も、ありがとうございました。

朝は牛窓を散歩して、海沿いを歩いたり、小山に登って植物散策したり、瀬戸内の景色を眺める。細い路地や坂がたくさんあって、いたるところに猫もウロウロ。日本のエーゲ海というふれ込みもあって、青い海と坂のある街と猫が何ともいい感じでした。
寂れた路地も空気感のある写真が撮れそうで、撮影旅行を兼ねても良さそうです。

近くには、犬島、直島などの瀬戸内の島巡りもお勧めということです。

e0158628_20510043.jpg
e0158628_20513069.jpg
展示風景

人気の木工作家の市川岳人さんとの展示も今までのKiKusaの展示とは違う面白さがあります。

e0158628_20521571.jpg
八重咲紫錦唐松の吊るオブジェ

KiKusaの展示は、今、力を入れて作っている「野山の植物の吊るオブジェ」シリーズ、野山の草花の花環、森の枝の環、押野花、ドライ植物など。

4月30日まで開催していますので、瀬戸内の島々と一緒にぜひお出掛けくださいね。

---------
KiKusa
L'Art de Botanique

0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp



# by KiKusa-note | 2018-04-14 20:24 | KiKusa

4月14日~30日は岡山の牛窓へ

四月は岡山へ展示で巡る旅。
岡山の牛窓にある素敵な建物の「御茶屋跡」にて、
木工作家の市川岳人さんの作品に合わせKiKusaが植物をしつらえます。
KiKusaの新作の作品もご覧いただけます。
また普段はお見せしない、野山の草花や枝のドライを素材としても販売します。

天井から吊るす植物オブジェシリーズは、前回の展示でも好評で、
今一番力を入れて制作している作品です。

e0158628_23230342.jpg
小金狗尾(こきんえのころ)の吊るオブジェ

e0158628_23232169.jpg
這小糠草(はいこぬかぐさ)の吊るオブジェ

e0158628_23234170.jpg
八重咲紫錦唐松(やえざきしきんからまつ)の吊るオブジェ

牛窓の美しい瀬戸内の海を背景に、歴史的な日本建築の空間での展示、
KiKusaでは今までにない作家さんとのしつらえも楽しみです。
14日はKiKusaも在廊します。
春の良い季節、この機会にぜひご覧にいらしてください。

こちらのオーナー末藤さんが展開するギャラリー「CAFE DU GRACE 921 GALLERY」にて
来年11月末頃にKiKusaの個展も開催予定です。


「市川岳人 + KiKusa」
会期/4.14sat. ~ 30mon.(水、木お休み)
会場/御茶屋跡
岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓2833
10:00 - 18:00
初日在廊

--

五月は、初夏の山の香りを野山の鉢植えの展示で、大阪と徳島にて開催します。
三重のアトリエで開催の植物の学び舎「木と草の学舎」の五月~八月の日程も
近々お知らせできたらと思います。

--

アトリエで開催している「KiKusa 写真スクール」もスタートしていますが、
月曜クラスはまだご参加間に合いますので、お問い合わせください。
この夏や秋には、「KiKusa写真教室~夏合宿、秋合宿」を企画予定です。
午前と午後の1日2回のレッスンを2日間する集中講座です。
はるばる遠方からご参加のご希望の方も多いので、
旅行気分の日程で、しっかり写真を学んでいただける企画です。
こちらもまたお知らせします。

------------------------
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp



# by KiKusa-note | 2018-04-12 23:22 | KiKusa

KiKusa十周年は展示で巡る旅


春から夏までは、各地へ展示で巡る旅にでます。
三月は名古屋でした、四月は岡山へ、五月は大阪から徳島へ、六月は四日市へ、
初めての場所もあるので、お近くの方はぜひご覧いただけたらと思います。
松阪のアトリエで開催している、植物を知る、学ぶ、作る「木と草の学舎」も、
引き続きで月一回の開催をします。五月から八月の予定も近々お知らせします。

--
三月の名古屋のティザーヌ インフュージョン さんでの展覧会も
たくさんのご来場、ありがとうございました。
「誕生」をテーマにつくった草花の花環や吊る花環オブジェも
新しい挑戦ができて、次への創作につながる展示ができました。
吊るす植物オブジェも今年はどんどん制作したいです。

--
四月は、岡山の牛窓にある「御茶屋跡」にて、木工作家の市川岳人さんの作品に
合わせKiKusaが植物のしつらえを担当します。
もちろんKiKusaの作品もご覧いただけます。
牛窓の美しい瀬戸内の海を背景に、歴史的な日本建築の建物での展示は楽しみです。
今までにはない草花の素材も販売します。
こちらのオーナー末藤さんが展開するギャラリー「CAFE DU GRACE 921 GALLERY」にて
来年11月末頃にKiKusaの個展も開催予定です。


「市川岳人 + KiKusa」
会期/4.14sat. ~ 30mon.(水、木お休み)
会場/御茶屋跡
岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓2833
10:00 - 18:00
初日在廊

--
五月は、初夏の山の香りを野山の鉢植えの展示で、大阪と徳島にて開催します。
大阪でKiKusaを設立し店舗を構えてから十年。感謝の気持ちを込めて大阪での展示。
MIAISON GRAIN D'AILEにて、十周年を記念した二部構成の展示を企画しました。
第一部は初夏に、KiKusaの始まりを回顧して野山の植物でギャラリーを埋める2日間の展示。
第二部は秋に、十年間の植物制作の今を見ていただく、ドライの吊るオブジェ作品の展示を
予定しています。
五月の後半は、徳島のcue!にて、野山の鉢植えの3日間の展示と、
植物を学ぶこと、つくることをテーマにした出張学舎も開催予定です。


KiKusa 十周年記念展示
第一部
「始まりは木と草から」
会期/5.12sat. , 13sun.
会場/GALERIE AU BOIS / MIAISON GRAIN D'AILE
大阪市中央区東高麗橋2-31 大阪洋服会館B1
12:00 - 18:00


「木を育てること(仮)」
会期/5.26sat. , 27sun. , 28mon.
会場/cue!
徳島市昭和町7-1-2
11:00 - 20:00

--
六月は、三重の四日市にこの二月にオープンしたばかりのギャラリー「侶居」にて展覧会。
JR四日市市駅近くの町屋を改装した空間には植物がとても合いそうです。
9日(土)10日(日)は、KiKusaの植物づくりと美味しいお料理をセットにした企画もあります。
KiKusaの植物づくりは、紫陽花と草花の生花をつかった花環づくりや、
野山の鉢植えと土づくり、ドライのオブジェづくりを開催する予定です。
お料理は鈴鹿で予約が取れないお店をされているHAPPYMOUTHさんに
お願いするといことで、とても楽しみです。
また詳細はお知らせしますね。

「草花と語らう」
会期/6.6wed. ~ 19tue.(無休)
会場/侶居
三重県四日市市朝日町1-13
12:00 - 18:00

---

どの場所も在廊しますので、皆さまにお会いできるもの楽しみにしています。


e0158628_22543069.jpg
豆軍配薺(まめぐんばいなずな)のオブジェ

------------------------
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp



# by KiKusa-note | 2018-03-30 22:52 | KiKusa

名古屋/水脈のように-誕生の花環 展

e0158628_16311806.jpg
e0158628_16313657.jpg
e0158628_16322634.jpg
e0158628_16324697.jpg
展示風景

名古屋のティザーヌてんインフュージョン さんでの「水脈のように -誕生の花環- 展」は、今日から開催しています。
野の草花でつくる花環やオブジェが並びます。

早春の野山の木を育てる鉢植えは、鶯神楽(ウグイスカグラ)が芽吹き始めています。

今展新作のカード「POSTCARD 誕生の花環」は、風合いのある紙に刷った縦長の黄金比のカードです。

いろいろな植物たちが並んでいます。
今日と明日は在廊していますので、ぜひお待ちしています。

-----------------------
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp



# by KiKusa-note | 2018-03-10 14:59 | KiKusa

季節の植物づくり~三月/名古屋

e0158628_18302568.jpg
誕生の花環-chigaya


名古屋のティザーヌ インフュージョン さんで開催する
「水脈のように -誕生の花環- 展」もせまってきました。

野の草花でつくる花環やオブジェが並びます。
誕生のお祝いや贈りものにお勧めです。
野の草花の押し花「押野草」「押野花」。
野山の木や蔓を育てる鉢植え植物。
今展新作のカード「POSTCARD 誕生の花環」。
いろいろな植物たちが並びます。
詳細は過去記事もご覧ください。
ぜひお待ちしています。

10日(土)11日(日)は、季節の植物づくりはまだ募集中です。
ご縁を繋ぐ、願いが叶うという意味の「縁(えん)の紫陽花リースづくり」と、
野の草花で花環をつくる「誕生の花環-野の草花づくり」。
両方のご参加も可能です。
ご希望の方はご予約ください。

-----
e0158628_14044307.jpg


KiKusa
L'Art de Botanique

水脈のように -誕生の花環- 展
COMME LA VEINE DE L'EAU

2018年3月10日(土)~18日(日)  会期中無休
11:00 - 18:30
作家在廊日 10日(土)11日(日)18日(日)

<会場>
Tisane infusion
名古屋市東区東桜1-10-3 則武ビル 7F
052-951-7117
http://www.flower-noritake.com

地下鉄桜通線・名城線「久屋大通 駅」3B出口より徒歩1分
地下鉄東山線・名城線「栄 駅」4出口より徒歩5分

---

<季節の植物づくり~三月>
植物をしる、植物にふれる、植物をつくる


3月10日(土) 午前の部 10時30分
3月11日(日) 午後の部 14時
「 縁(えん)の紫陽花リースづくり 」

同じ時代に生を受け出会う人と人は巡り合わせの縁がある。
自然や人とのご縁を感謝の形でリースをつくる。
万物の五元素を色彩で表わした五色(ごしき)。
この5つの色の紫陽花と山の花実でつくるリース。
五色には、ご縁を繋ぐ、願いが叶うという意味がある。

e0158628_14050360.jpg
参考写真
--

3月10日(土) 午後の部 14時
3月11日(日) 午前の部 10時30分
「 誕生の花環-野の草花づくり 」

野の草花を丁寧に環に留めて、いのちを綴る花環づくり。
茅萱、蓼(タデ)、母子草、這小糠草、小金狗尾、高野箒など。
小さな草花に祝福され、小さな草花で祝福したい。
自然への感謝の花環をつくる。
リースとして壁に飾っても、置いて飾るオブジェとしても。

e0158628_14051745.jpg
参考写真
---

料金 / 各¥6000(材料費込、飲み物付)

いずれも予約制になります。
※ご予約後のキャンセルにつきましてはお断り致しますので、
ご予定のご確認をお願い致します。

workshopの時間は2時間半くらいの予定です。
お時間の余裕を持ってのご参加をお願いします。

ご予約、お問い合せ(KiKusa)
メール kikusa@mctv.ne.jp
電話 0598-67-0524
当日のお問い合わせはティザーヌさんか、こちらへ090-8216-6058

------------------------
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp




# by KiKusa-note | 2018-03-04 18:28 | KiKusa

木と草の学舎 2018年3月、4月の参加募集

西風のゼフュロスが暴れたかのように、
松阪では春を告げる強風が吹き荒れました。
寒い日が続いても、大雪が降っても、ちゃんと春はやって来ます。
巡る季節、ただもうそれだけで感動です。

利休梅の木が日に日に花の蕾を開けようとして、春へのカウントダウンです。
そんな楽しみな季節に「木と草の学舎」も開催しています。

草を慈しむ、花を愛でる。
野から学び、山から学ぶ。
土を触る、植物を作る。
アトリエで月一回の植物の学び舎を開催しています。

3月は満席になりました。ありがとうございます。
4月はご予約はまだ少し空きがあります。
午前の部は、畑で野菜づくり。
午後の部は、薺(なずな)の花環か吊るオブジェづくり。
ひと月のみのご参加でも可能です。
ぜひご参加ください。

できれば朝からのご参加がお勧めです。
午前の部は田舎だからできる、植物を感じ学ぶ時間。
お昼もみんなで一緒にお弁当を食べて、
いろいろお話しできたりと、ゆっくりと植物に触れる時間を
楽しんでいただけると思います。

e0158628_10581936.jpg
2月の学舎風景

-----


KiKusa
Ki to Kusa no Gakusya
木と草の学舎

二〇一八 ~春


<三月>

・ 3月24日(土) 午前の部/募集終了
・ 3月25日(日) 午前の部/募集終了
・ 3月26日(月) 午前の部/募集終了
「 植物散歩~早春の野山 」
芽吹き始めた早春の植物を野山に出かけ見つけにゆく。
桜が咲き始める頃に春を山から肌で感じる。
自生している植物の自然な姿を見て、植物の感性を養う。

・ 3月24日(土) 午後の部/募集終了
・ 3月25日(日) 午後の部/募集終了
・ 3月26日(月) 午後の部/募集終了
「 薺(なずな)の花環(リース) or 吊るオブジェづくり - I 」
豆軍配薺(まめぐんばいなずな)が白い花を咲かせたドライでつくる。
リースをつくるか、吊るすオブジェをつくるかいずれかを選べる。
一回のみで小さい作品をつくることもできる。
二回参加で大きめの作品をつくることもできる。

e0158628_21184906.jpg
薺(なずな)の花環

<四月>

・ 4月22日(日) 午前の部/募集終了
・ 4月23日(月) 午前の部/募集終了
「 畑で野菜づくり~苗を植える 」
小さな畑で誰でもできる野菜づくり。夏野菜の苗を植える。
土を触って耕して、畝(うね)を作ってひとときの畑仕事。
大空の下で開放される時を楽しむ。

・ 4月22日(日) 午後の部/募集終了
・ 4月23日(月) 午後の部/募集終了
「 薺(なずな)の花環(リース) or 吊るオブジェづくり - II 」
豆軍配薺(まめぐんばいなずな)のドライでつくる花環。(リース)を
つくるか、吊るすオブジェをつくるかいずれかを選べる。
一回のみで小さい作品をつくることもできる。
大きめの作品をつくる方は二回目。

e0158628_21073526.jpg
薺(なずな)の吊るオブジェ

---

<料金>
・午前の部と午後の部の一日ご参加 ¥7,500
・午後の部のみご参加 ¥5,500
・三ヶ月まとめて一日ご参加 ¥21,000(¥1,500 off)
(年間のどの月でもご参加いただけます)

<会場>
KiKusa Atelier
三重県松阪市
(会場案内はご予約時にさせていただきます)


午前と午後の二部制です。一日ご参加か、午後のみご参加が選べます。
一日ご参加の方はお弁当を持参いただきます。

遠方から電車でお越しの場合は松阪駅まで送迎もございます。
当日はKiKusaの作品もご覧いただけます。

ご予約、お問い合せ
メール  kikusa@mctv.ne.jp
電話  0598-67-0524
(近くにいない場合がありますので、お電話は長めに鳴らしてくださいね)

ご予約いただいた後にやむをえずキャンセルの場合は、
予約を別の月に振替していただけます。

--------

KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp



# by KiKusa-note | 2018-03-03 10:47 | KiKusa

KiKusa写真スクール 2018年 月曜(火曜)クラス追加募集

e0158628_18541218.jpg


雰囲気のある写真を撮る為の基本を学ぶ写真教室。
月曜クラス(もしくは火曜)の参加者募集中です。

三重の松阪のKiKusaのアトリエにて開催します。
遠方から電車で来られる方には、松阪駅まで送迎も可。

家族や料理の写真、旅先や作品の写真を、雰囲気良く撮りたい。
そんな方にお勧めの基本講座です。
基本の基本から始めますので初心者の方も大丈夫です。
この機会に一緒に写真を学びましょう。
日程のご相談なども伺います。
(短期集中型で学んでいただく個人レッスンのご相談もお受けします)

-----


KiKusa 写真スクール
photographic school

「雰囲気のある写真」を撮るための写真の基本を学ぶ基礎講座。
お花や植物、雑貨や家族などを雰囲気よく撮りたい方にお勧め。
カメラの使い方から始まり、自然の光を活かした雰囲気のつけ方や、
柔らかい写真を撮るための全10回のレッスン。

初心者から中級の方まで、テーブルを囲んでの少人数制。
第1回目は複数のレッスン日程の中から選んでいただきます。
第2回目以降は月1回のレッスンになります。

参加可能カメラは、フィルム一眼レフカメラ、デジタル一眼レフカメラ、
デジタルミラーレスカメラです。
(コンパクトカメラでの参加はご遠慮ください)
購入を考えておられる、カメラをお持ちでない方も大丈夫です。
(カメラ購入についてお話します)

<講師> 堀之内信哉 Shinya Horinouchi
<レッスン時間> 13時30分~16時30分
<レッスン料金> 1回¥3,900
 ・ 一括先払い:¥38,000 (特典:¥1,000 off)
 ・ 2回分割払い:¥19,500 x 2回(初回と5回目に分けてお支払い)

<会場>
KiKusa Atelier( アトリエ )
三重県松阪市(住所の詳細はご予約時にお伝えします)
お車の方:伊勢自動車道 松阪インターより 約5分
電車の方:近鉄・JR 松阪駅 まで送迎有り

---

2018年<レッスン日程>

・月曜クラス/第一月曜(火曜の日程は要相談)

第一回 カメラの仕組みと使い方
(一回目は下記のいずれかの日を選ぶ)
 3月 / 19日(月)、20日(火)28日(水)

第二回 光について  4月2日(月)
第三回 撮影に行く-1  5月7日(月)
第四回 絞りについて   6月4日(月)
第五回 絞りと構図について   7月2日(月)
第六回 露出について-1   8月 6日(月)
第七回 露出について-2  9月3日(月)
第八回 撮影に行く-2  10月1日(月)
第九回 物撮り  11月 / 5日(月)
第十回 色の仕組みと調整  12月 / 3日(月)

お天気により内容は前後します。
基本的には上記の日程に参加出来る方に限ります。
(日程を変更する場合もございます)
ご都合により、多少の日程の変更や追加のご相談も可。
---

お問い合せ・お申し込みは、下記のメールアドレスへ
kikusa@mctv.ne.jp

------------------------
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp



# by KiKusa-note | 2018-02-27 16:39 | KiKusa

水脈のように -誕生の花環- 展/名古屋で開催

3月10~18日は名古屋の栄のティザーヌ インフュージョン さんにて
3年ぶりに展覧会を開催します。

まだ寒さの残る季節も、土の中では植物の根が動き出し、
芽吹きの準備が始まっている。もうすぐまた春がやってきますね。
今展は、春の季節に「誕生」をテーマに作品をつくりました。
当たり前に来てくれる春に感動すると同時に、
春を迎えることには限りがあるという思いも重なってきます。

式子内親王の新古今集にある和歌が頭に浮かびます。
「はかなくて過ぎにしかたをかぞふれば花にもの思ふ春ぞ経にける」
命には限りがあるということを人は知っている、
だから~花にもの思う春~という言葉がいっそう憂いを増すのだろう。

といえども、新芽が膨らみ葉を広げ花が咲く誕生の素晴らしさは祝福するもの。
誰もが生れてきたことを祝福されないといけない。
死んでしまう人も、悲しむより祝福してあげたい。
生まれてきたこと自体が奇跡なのだから。長さではないのだから。

そんな思いで「誕生の花環」をつくりました。
野の草花のひとつひとつから、感じ取ってもらえればと思います。
いろいろな種類の草花の花環が並びます。
ぜひご覧になってくだいさい。

10日(土)、11日(日)は、季節の植物づくりを開催します。
ご縁を繋ぐ、願いが叶うという意味の「縁(えん)の紫陽花リースづくり」と、
野の草花で花環をつくる「誕生の花環-野の草花づくり」。
両方のご参加も可能です。
こちらもお早めにご予約ください。

-----

e0158628_14044307.jpg
e0158628_10555422.jpg


KiKusa
L'Art de Botanique

水脈のように -誕生の花環- 展
COMME LA VEINE DE L'EAU

会期/2018年3月10日(土)~18日(日)  会期中無休
会場/Tisane infusion
11:00 - 18:30
作家在廊日 10日(土)、11日(日)、18日(日)


大地の下の水脈のように。
目には見えなくても、確かに感じる大きなうねり。
幾十億年と続いてきた「いのち」の水脈。
深淵に根っこを伸ばし、湧き起こる誕生の力。
いのちは水から生まれ、萌芽に微笑む。

はっきりとは分からない。でもみんなが持っている。
小さな一本の草花にも、同じ力が流れている。
生まれてきたことを祝い、愛する人を祝う。
野の草花で綴る、誕生の花環。

さまざまな草花でつくる花環(リース)や植物オブジェ、
押野花、早春の野山の鉢植え、植物写真カードなどが並ぶ。


<会場>
Tisane infusion
名古屋市東区東桜1-10-3 則武ビル 7F
052-951-7117
http://www.flower-noritake.com

地下鉄桜通線・名城線「久屋大通 駅」3B出口より徒歩1分
地下鉄東山線・名城線「栄 駅」4出口より徒歩5分

---

<季節の植物づくり~三月>
植物をしる、植物にふれる、植物をつくる


3月10日(土) 午前の部 10時30分
3月11日(日) 午後の部 14時
「 縁(えん)の紫陽花リースづくり 」

同じ時代に生を受け出会う人と人は巡り合わせの縁がある。
自然や人とのご縁を感謝の形でリースをつくる。
万物の五元素を色彩で表わした五色(ごしき)。
この5つの色の紫陽花と山の花実でつくるリース。
五色には、ご縁を繋ぐ、願いが叶うという意味がある。

e0158628_14050360.jpg
参考写真
--

3月10日(土) 午後の部 14時
3月11日(日) 午前の部 10時30分
「 誕生の花環-野の草花づくり 」

野の草花を丁寧に環に留めて、いのちを綴る花環づくり。
茅萱、蓼(タデ)、母子草、這小糠草、小金狗尾、高野箒など。
小さな草花に祝福され、小さな草花で祝福したい。
自然への感謝の花環をつくる。
リースとして壁に飾っても、置いて飾るオブジェとしても。

e0158628_14051745.jpg
参考写真
---

料金 / 各¥6000(材料費込、飲み物付)

いずれも予約制になります。
※ご予約後のキャンセルにつきましてはお断り致しますので、
ご予定のご確認をお願い致します。

workshopの時間は2時間半くらいの予定です。
お時間の余裕を持ってのご参加をお願いします。

ご予約、お問い合せ(KiKusa)
メール kikusa@mctv.ne.jp
電話 0598-67-0524
当日のお問い合わせはティザーヌさんか、こちらへ090-8216-6058

------------------------
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp




# by KiKusa-note | 2018-02-22 14:03 | KiKusa

木と草の学舎 2018年1月、2月、3月の追加開催

野から山から、土を触る、植物を作る、自然を学ぶ。
アトリエで開催の「木と草の学舎」は、今年もご参加募集しています。

森や野山を散策して地に生える植物を知る。
植物の成長を知る、手入れを知る、野菜をつくる。
草花や葉や枝、蔓実で花環やオブジェをつくる。

植物を深く感じる時間。

1月28日(日)、2月25日(日)、3月25日(日)は、満席になりましたので、
同じ内容で1月27日(土)、2月24日(土)、3月24日(土)を追加開催します。
月曜はいずれもまだご予約いただけます。

-----

e0158628_15542877.jpg

KiKusa
Ki to Kusa no Gakusya
木と草の学舎


二〇一八 冬~春日程

<一月>

・ 1月27日(土) 午前の部
・ 1月28日(日) 午前の部/募集終了
・ 1月29日(月) 午前の部
「 伊勢参り~神社の森の植物 」
伊勢神宮の別宮・瀧原の宮の森へ、新年のご挨拶。
伊勢の別宮の中でも特に美しい参道と森。
森を感じて人と自然の調和に触れる。

・ 1月27日(土)  午後の部
・ 1月28日(日)  午後の部/募集終了
・ 1月29日(月) 午後の部
「 高野箒(こうやぼうき)の枝の環(リース)づくり - I 」
秋に桃色の花穂を付けた高野箒のドライでつくる枝のリース。
細い枝が美しいオブジェを二回に分けて作品をつくる。
枝の環のオブジェづくりは学舎だけでしかできない植物づくり。

e0158628_21063136.jpg

<二月>

・ 2月24日(土) 午前の部
・ 2月25日(日) 午前の部/募集終了
・ 2月26日(月) 午前の部/あと1名
「 植物の手入れ~植え替えと剪定 」
冬は植物のお手入れの季節。芽吹く前に春を迎える準備。
春に根が伸びやすいように新しい土に植え替え。
鉢植えや庭木の枝の剪定を学ぶ。

・ 2月24日(土) 午後の部
・ 2月25日(日) 午後の部/募集終了
・ 2月26日(月) 午後の部/あと1名
「 高野箒(こうやぼうき)の枝の環(リース)づくり - II 」
秋に桃色の花穂を付けた高野箒のドライでつくる枝のリース。
もともと高野山で箒の原料に使われた山の植物づくり二回目。
一月か二月のどちらかしか参加できない方は、
二回目を三月か四月の日程に振替てご参加も可能です。

e0158628_21063136.jpg

<三月>

・ 3月24日(土午前の部
・ 3月25日(日) 午前の部/募集終了
・ 3月26日(月) 午前の部
「 植物散歩~早春の野山 」
芽吹き始めた早春の植物を野山に出かけ見つけにゆく。
桜が咲き始める頃に春を山から肌で感じる。
自生している植物の自然な姿を見て、植物の感性を養う。

・ 3月24日(土午後の
・ 3月25日(日) 午後の部/募集終了
「 薺(なずな)の花環(リース) or 吊るオブジェづくり - I 」
豆軍配薺(まめぐんばいなずな)が白い花を咲かせたドライでつくる。
リースをつくるか、吊るすオブジェをつくるかいずれかを選べる。
一回のみで小さい作品をつくることもできる。
二回参加で大きめの作品をつくることもできる。

e0158628_21184906.jpg
薺(なずな)の花環

<四月>

・ 4月22日(日) 午前の部
・ 4月23日(月) 午前の部
「 畑で野菜づくり~苗を植える 」
小さな畑で誰でもできる野菜づくり。夏野菜の苗を植える。
土を触って耕して、畝(うね)を作ってひとときの畑仕事。
大空の下で開放される時を楽しむ。

・ 4月22日(日) 午後の部
・ 4月23日(月) 午後の部
「 薺(なずな)の花環(リース) or 吊るオブジェづくり - II 」
豆軍配薺(まめぐんばいなずな)のドライでつくる花環。(リース)を
つくるか、吊るすオブジェをつくるかいずれかを選べる。
一回のみで小さい作品をつくることもできる。
大きめの作品をつくる方は二回目。

e0158628_21073526.jpg
薺(なずな)の吊るオブジェ

---

<料金>
・午前の部と午後の部の一日ご参加 ¥7,500
・午後の部のみご参加 ¥5,500
・三ヶ月まとめて一日ご参加 ¥21,000(¥1,500 off)
(年間のどの月でもご参加いただけます)

<会場>
KiKusa Atelier
三重県松阪市
(会場案内はご予約時にさせていただきます)


午前と午後の二部制です。一日ご参加か、午後のみご参加が選べます。
一日ご参加の方はお弁当を持参いただきます。

遠方から電車でお越しの場合は松阪駅まで送迎もございます。
当日はKiKusaの作品もご覧いただけます。

ご予約、お問い合せ
メール  kikusa@mctv.ne.jp
電話  0598-67-0524

ご予約いただいた後にやむをえずキャンセルの場合は、
予約を別の月に振替していただけます。

--------

KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp



# by KiKusa-note | 2018-01-16 14:09 | KiKusa

KiKusa写真スクール 2018年度新規募集

昨年はお休みした写真スクール(教室)、今年は復活します。
写真とデザインの仕事の傍ら2003年から始めた写真教室も、かれこれ十数年。
雰囲気のある写真を撮る為の基本を10回で学ぶ教室として開催してきました。
思い返すとたくさんの方々とのご縁の場でもありました。
教室に来ていただいた数百人の中には、今もお付き合いがある方、結婚して遠くに
行かれてもぱっと顔が浮かぶ方、時々お便りをくれる方、みんないい方ばかりです。

KiKusaの作品やDMの写真はもとより、ブログの写真もほとんど、フィルム(銀塩)
カメラで撮影しています。
40~50年前のカメラを使い、自然光のみで柔らかい描写の写真を撮る。
フィルムや古いカメラ(レンズ)でしか出せない味わいや柔らかさがあります。
古い自動の付いていないカメラは、操作は単純で少し覚えれば簡単に使えます。
カメラ自体も丈夫で安価なので、フィルムカメラに興味のある方はお勧めです。

もちろんデジタルカメラでも学んでいただけます。
基本操作はどちらも同じなので、フィルムとデジタルを使い分けるのもありです。
レッスン第一回目は、カメラをまだ持っていない方も大丈夫です。
どんなカメラを買えば良いのかをアドバイスもさせてもらいます。

「被写体(撮りたい世界)から感じたことを、シンプルに簡単に雰囲気良く撮る」
そんな写真の基本を、皆さんにお伝えできればと思います。

三重の松阪のKiKusaのアトリエでの写真講座。
遠方から電車で来られる方には、松阪駅まで送迎も可。

2018年写真スクールの参加者募集を開始します!

-----

e0158628_18541218.jpg

e0158628_13293673.jpg
KiKusa アトリエ


KiKusa 写真スクール
photographic school

「雰囲気のある写真」を撮るための写真の基本を学ぶ基礎講座。
お花や植物、雑貨や家族などを雰囲気よく撮りたい方にお勧め。
カメラの使い方から始まり、自然の光を活かした雰囲気のつけ方や、
柔らかい写真を撮るための全10回のレッスン。


初心者から中級の方まで、テーブルを囲んでの少人数制。
月1回で、日曜コース、月曜コースがあります。

第1回目は1月、2月のレッスン日程の中から選んでいただきます。
第2回目以降は3月から月1回のレッスンになります。
1回目レッスンのみ体験で受けていただくことも可能です。(1回¥3,900)

参加可能カメラは、フィルム一眼レフカメラ、デジタル一眼レフカメラ、
デジタルミラーレスカメラです。
(コンパクトカメラでの参加はご遠慮ください)
購入を考えておられる、カメラをお持ちでない方も大丈夫です。
(カメラ購入についてお話します)

<講師> 堀之内信哉 Shinya Horinouchi
<レッスン時間> 13時30分~16時30分
<レッスン料金> 1回¥3,900
 ・ 一括先払い:¥38,000 (特典:¥1,000 off)
 ・ 2回分割払い:¥19,500 x 2回(初回と5回目に分けてお支払い)

<会場>
KiKusa Atelier( アトリエ )
三重県松阪市(住所の詳細はご予約時にお伝えします)
お車の方:伊勢自動車道 松阪インターより 約5分
電車の方:近鉄・JR 松阪駅 まで送迎有り

---

2018年
<レッスン日程>

・日曜クラス/第一日曜
・月曜クラス/第一月曜

第一回 カメラの仕組みと使い方
(一回目は下記のいずれかの日を選ぶ)
 1月 / 29日(月)30日(火)
 2月 / 4日(日)5日(月)6日(火)11日(日)26日(月)

第二回 光について   3月 / 4日(日)5日(月)
第三回 撮影に行く-1   4月 / 1日(日)2日(月)
第四回 絞りについて   5月 / 6日(日)、7日(月)
第五回 絞りと構図について   6月 / 3日(日)、4日(月)
第六回 露出について-1   7月 / 1日(日)2日(月)
第七回 露出について-2   8月 / 5日(日)、6日(月)
第八回 撮影に行く-2   9月 / 2日(日)3日(月)
第九回 物撮り   10月 / 7日(日)、1日(月)
第十回 色の仕組みと調整   11月 / 4日(日)5日(月)

お天気により内容は前後します。
基本的には上記の日程に参加出来る方に限ります。
(日程を変更する場合もございます)
第一回目のレッスン日の相談も可。
ご都合により、多少の日程の変更や追加のご相談も可。
火曜日の開催の検討も可。
---

お問い合せ・お申し込みは、下記のメールアドレスへ
kikusa@mctv.ne.jp

------------------------
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp



# by KiKusa-note | 2018-01-12 18:53 | KiKusa

2008年の夏の頃から10年

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
2018年は、KiKusaを設立して十周年になります。
まだ大阪にいる2008年の夏頃、それはひょんな出会いから始まりました。

その昔は大坂城の三の丸があった所と言われる場所に住んでいました。
近くには、遣唐使が旅立ったといわれる難波津や難波宮跡、
戦国の世には千利休や細川忠興などの屋敷が建ち並んでいたような
数多の歴史が埋もれた土地でした。

写真とグラフィックデザインを生業にしていた僕は、新しいスタジオ兼事務所を
探しているある時、二階建ての古い味のある雑居ビルに出会いました。
十字路の南東角にあるその建物は、陽当たりも良く自然光で写真を撮るのにも、
屋上で好きな植物を育てるのにも、ちょうど良かったのです。
まだ植物で仕事をしようなんて考えもしないときでした。

ただ、探していたよりもスペースが大きい。どうしよう。。
二階をスタジオ兼事務所にして、一階で、、お店でもできるかな。。
そんなことを考え始め、五年後に田舎に帰ることを真剣に考え始めたのです。
植物のものづくりを仕事にして田舎で暮らす。田舎で子供を育てる。
気になりながらも、なかなか現実的に考えられなかった田舎暮らしが、
ひとつの建物との出会いで、急に目の前に広がり始めたのです。

そうしてたまたまで「KiKusa」は始まり、その玉造で五年間店舗を構え、
三重の松阪に移ってきました。
様々な人に出会い、助けられて何とか十年目を迎えました。
場所や人との出会いで、人生は大きく動く。
またこの十年目の出会いが未来を変えてゆくと思います。


e0158628_23172045.jpg
KiKusa オープン時のDM(まだ持ってる人いるかな?)

---
2018年 KiKusaの予定

「木と草の学舎」自宅アトリエにて月1回開催
「KiKusa 写真スクール」自宅アトリエにて開催
3月/名古屋、ティザーヌ・インフュージョンにて展覧会
5月/徳島、cue!にて野山の鉢植えイベント
6月/三重・四日市、侶居にて展覧会
12月/岐阜・多治見、hoshizumiにて食事と植物つくり

その他にも、鎌倉、大阪、奈良、そして三重でも開催したいと思います。

------------------------
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp




# by KiKusa-note | 2018-01-11 22:56 | KiKusa

言の葉

言葉は落ち葉のように積み重なり、いつしか人を育てる栄養となる。

奈良の「くるみの木」のオーナーの石村さんに掛けていただいた言葉を
度々思い出す。自分にとっての必要な言葉は頭の奥にとどまるらしい。
まだ真意の分からない言葉も、ある時がくるとぴったり当てはまっていて、
あの時に石村さん言ってもらったことだなと思い出す。

友人との会話の言葉、本で読んだ言葉、未来について家族で
話し合った言葉、お客さまの何気無い言葉、
たくさんの想いや言の葉が心の奥に蓄積され熟成された時、
身体の内なるところからはっきりした意志として出てくる。

これからもその言葉を信じ、自然の力と美しさを皆で感じられる場所を
作っていきたいです。

--

e0158628_21561884.jpg
アトリエから見える山と空


KiKusaアトリエでこの秋から開催している「木と草の学舎」へのご参加、
ありがとうございました。
出張してのworkshopではできない、自然に向き合う植物の学び舎が
アトリエで開催できて、ずっと思っていたことが一歩実現しました。

野山に出かけ植物を観察したり、植物採取して作品つくりの素材を集めたり、
畑での野菜づくりや植物の手入れを学ぶ。
自然との距離が近くなることが豊かな暮らしにつながるのだと思います。

2018年も「木と草の学舎」は楽しい企画しますので、
ぜひ松阪にいらしてください。

春までの日程は過去記事をご覧ください。
1月28日と2月25日は満席になりました。ありがとうございます。
1月27日(土)と2月24日(土)を同じ内容で追加開催します。

--

注連縄の受注販売のご注文もたくさんいただき、ありがとうございました。
全国からのご注文も年々増えて嬉しい限りです。
来年は注連縄のサイズの見直しをして、より皆さまのご要望にお応えしたいです。

年末は「KiKusaの注連縄つくり」に、今年もたくさんのご参加いただき、
ありがとうございました。
KiKusaを設立した年から始めて今回で十年目でした。
毎年のようにご参加いただいてる方もたくさんいて、
年一回お会いできるこの機会が嬉しいです。
大阪、奈良、三重と開催して、皆さんと一緒に注連縄つくりができて、
ああやっぱり注連縄つくりは良い会だなと毎年思います。

植物に触れ、自然の恵みをいただいて、暮らしのものつくり。
素敵な文化を次の代にも繋げたい、そう誰かが強く思わないと文化は残らない。
日々に問われているのは、私たちが選ぶ未来に何を伝えるのかということ。
今後も注連縄つくりはできる限り続けたいです。

--

またこの一年も、皆さまのお陰さまで、続けて来られたことに本当に感謝です。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

--------------------
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp



# by KiKusa-note | 2017-12-31 21:55 | KiKusa

KiKusa 木と草の学舎 二〇一八 冬~春

来年の「木と草の学舎」は、植物や自然を深く感じる時間を
皆さんと一緒に過ごせたらと思います。
楽しんでいただける企画を考えています。

木の下には草が生える。そんな自然な姿を求める植物づくり。
草花や葉や枝、蔓実の乾いた植物で花環やオブジェをつくること。
野山を歩いて自生している植物を見たり、畑で野菜づくりをしたり、
じっくりと植物と向き合う時間。

遠方の方も、伊勢の旅の日程に入れてKiKusaのアトリエにいらしてください。
「木と草の学舎~二〇一八」始まります。

-----


KiKusa

野から山から

木と草の学舎 二〇一八 冬~春
Ki to Kusa no Gakusya

あたりまえに有る草花
あたりまえではない草花
草を慈しむ、花を愛でる
野から学び、山から学ぶ
とどく自然からの声が
わたしたちの暮らし方をすこし変える

あるがままの美しさ
力を抜いた自然の姿から
ただ懸命に生きる植物を知る

---

月一回の季節の植物づくり。
野山へ植物散歩に出かけ、畑では野菜づくり。
植物をさわって、土をさわって、植物をつくって自然を一歩深く知る。
四季を通して植物を感じる時間。

・午前の部(10:30 - 12:00
植物を探しに野山にでかける植物散歩や、野の草花をドライにしたり、
大空の下の小さな畑で野菜をつくる体験など。

・午後の部(13:30 - 16:00
野の草花や紫陽花などその季節の花環(リース)づくり。
枝や葉、蔓や実でつくるオブジェ、草花の押し花づくりなど。


<料金>
・午前の部と午後の部の一日ご参加 ¥7,500
・午後の部のみご参加 ¥5,500
・三ヶ月まとめて一日ご参加 ¥21,000
(年間どの月でもご参加いただけます)

<会場>
KiKusa Atelier
三重県松阪市
(会場案内はご予約時にさせていただきます)

--
木と草の学舎

二〇一八 冬~春日程

<一月>

・ 1月27日(土) 午前の部/追加開催
・ 1月28日(日) 午前の部/募集終了
・ 1月29日(月) 午前の部
「 伊勢参り~神社の森の植物 」
伊勢神宮の別宮・瀧原の宮の森へ、新年のご挨拶。
伊勢の別宮の中でも特に美しい参道と森。
森を感じて人と自然の調和に触れる。

・ 1月27日(土) 午後の部 /追加開催
・ 1月28日(日) 午後の部 /満席
・ 1月29日(月) 午後の部
「 高野箒(こうやぼうき)の枝の環(リース)づくり - I 」
秋に桃色の花穂を付けた高野箒のドライでつくる枝のリース。
細い枝が美しいオブジェを二回に分けて作品をつくる。
枝の環のオブジェづくりは学舎だけでしかできない植物づくり

e0158628_21063136.jpg


<二月>

・ 2月24日(土) 午前の部 /追加開催
・ 2月25日(日) 午前の部 /募集終了
・ 2月26日(月) 午前の部
「 植物の手入れ~植え替えと剪定 」
冬は植物のお手入れの季節。芽吹く前に春を迎える準備。
春に根が伸びやすいように新しい土に植え替え。
鉢植えや庭木の枝の剪定を学ぶ。

・ 2月24日(土) 午後の部 /追加開催
・ 2月25日(日) 午後の部 /満席
・ 2月26日(月) 午後の部
「 高野箒(こうやぼうき)の枝の環(リース)づくり - II 」
秋に桃色の花穂を付けた高野箒のドライでつくる枝のリース。
もともと高野山で箒の原料に使われた山の植物づくり二回目。
一月か二月のどちらかしか参加できない方は、
二回目を三月か四月の日程に振替てご参加も可能です。

e0158628_21063136.jpg


<三月>

・ 3月25日(日) 午前の部
・ 3月26日(月) 午前の部
「 植物散歩~早春の野山 」
芽吹き始めた早春の植物を野山に出かけ見つけにゆく。
桜が咲き始める頃に春を山から肌で感じる。
自生している植物の自然な姿を見て、植物の感性を養う。

・ 3月25日(日) 午後の部
・ 3月25日(月) 午後の部
「 薺(なずな)の花環(リース) or 吊るオブジェづくり - I 」
豆軍配薺(まめぐんばいなずな)が白い花を咲かせたドライでつくる。
リースをつくるか、吊るすオブジェをつくるかいずれかを選べる。
一回のみで小さい作品をつくることもできる。
二回参加で大きめの作品をつくることもできる。

e0158628_21184906.jpg
薺(なずな)の花環


<四月>

・ 4月22日(日) 午前の部
・ 4月23日(月) 午前の部
「 畑で野菜づくり~苗を植える 」
小さな畑で誰でもできる野菜づくり。夏野菜の苗を植える。
土を触って耕して、畝(うね)を作ってひとときの畑仕事。
大空の下で開放される時を楽しむ。

・ 4月22日(日) 午後の部
・ 4月23日(月) 午後の部
「 薺(なずな)の花環(リース) or 吊るオブジェづくり - II 」
豆軍配薺(まめぐんばいなずな)のドライでつくる花環。(リース)を
つくるか、吊るすオブジェをつくるかいずれかを選べる。
一回のみで小さい作品をつくることもできる。
大きめの作品をつくる方は二回目。

e0158628_21073526.jpg
薺(なずな)の吊るオブジェ

---

参加ご希望の方は御予約ください。(定員6名)
毎月2日間の開催日のどちらかをお選びください。
午前と午後の二部制です。一日ご参加か、午後のみご参加が選べます。
一日ご参加の方はお弁当を持参いただきます。

三ヶ月まとめて一日ご参加の場合は、一年の内のどの月に
ご参加でも構いません。

遠方から電車でお越しの場合は松阪駅まで送迎もございます。
当日はKiKusaの作品もご覧いただけます。

ご予約、お問い合せ
メール  kikusa@mctv.ne.jp
電話  0598-67-0524

ご予約いただいた後にやむをえずキャンセルの場合は、
予約を別の月に振替していただけます。

--------

KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp



# by KiKusa-note | 2017-12-21 21:05 | KiKusa

東京でのリース展へ作品参加


e0158628_21185445.jpg
草花のクロンヌ - 茅の輪


先日は、大阪・SHELFでの展示「青の紫陽花 Hortensia Blue」と
季節の植物つくり~十二月にお越しいただき、
ありがとうございました。

晩秋の山の香りを持ち込んで、木や蔓の実がたくさんの方の心を
癒してくれました。
リースつくりも皆さん楽しそうに作っておられて、こちらも嬉しくなりました。
展示ではゆっくりお話できたり、ちょうど来客が重なって
あまりお話しできなかった方もおられて、申し訳なかったです。

お会いした皆さんからは、三重のアトリエで開催の「木と草の学舎」に
ぜひ行きますとの嬉しい声をたくさんいただき、
来年は遠くからいらしていただくのを楽しみにしています。
午前の、野山の植物散歩、畑の野菜づくり、草花摘み、落ち葉拾い、
午後は、枝の環や葉の環、草花の花環づくりや、野山の植物オブジェづくりなど、
自然な植物と触れ合う、学びの時間を皆さんと一緒につくっていきたいです。

---

e0158628_21184906.jpg
草花のクロンヌ - 豆軍配薺(まめぐんばいなずな)


東京の[かまわぬ 浅草店]にて12月9日から開催される「リース展」に参加します。
様々な作家がつくるリース(100点以上)が並ぶ楽しみな企画です。

KiKusaからは、選りすぐった10点を出品します。
白樺、月桂樹、高野箒、茅萱、薺、紫陽花、どれも美しい植物からつくりました。
KiKusaカレンダーや紫陽花リースのポストカードも少し並びます。
在廊はできませんが、ぜひお足をお運びください。


リース展
KAMAWANU Utensils Store ASAKUSA
The 4th Anniversary

2017.12.9sat. ~ 12.17sun.
10:30 - 19:00

かまわぬ 浅草店
東京都台東区浅草1-29-6
03-6231-6466
http://www.kamawanu.co.jp

------

年末は恒例のKiKusaの注連縄つくりの会を大阪、奈良、三重と巡回します。
12月24日(日)25日(月)は大阪のSHELFさん、26日(火)は奈良の鹿の舟さん、
28日(木)は三重の喫茶tayu-tauさんへでの開催です。
SHELFさんでは、今年も夜の部も開催します。
昼間はお仕事の方はぜひ夜の部へ。
各会場では、注連縄やお正月飾りの展示販売もあります。
詳細は過去記事へ。

各回定員が埋まってきていますので、ご希望の方は早めにご予約ください。

--

KiKusaアトリエで開催の「木と草の学舎」では、
12月17日(日)(キャンセルがでたので一席空きが出ました)、29日(金)に「伊勢の注連縄つくり」を開催します。
学舎では他の場所ではやらない大サイズの注連縄つくりに挑戦です。
ご予約受付中です。詳細は過去記事へ。

--

伊勢の注連縄飾りの受注販売や、KiKusaの来年度のカレンダーも
好評販売中です。詳細は過去記事へ。

--------------------
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp



# by KiKusa-note | 2017-12-05 22:17 | KiKusa

「青の紫陽花」大阪での展示風景


12月2日から4日まで、大阪のSHELFさんでの展示「青の紫陽花」を開催中です。

晩秋の野山の香りを展示していますので、ぜひいらしてください。
詳細は過去記事へ。

e0158628_14563082.jpg
植物オブジェ-青葛籠藤、紫陽花の花環-葡萄の収穫、押野花-日本菫、茅萱の鉢植え

e0158628_14565205.jpg
草花の星林/七夜星、星屑、草花のクロンヌ-豆軍配薺

e0158628_14572901.jpg
植物オブジェ-高野箒

e0158628_14575134.jpg
青の紫陽花の花環

e0158628_14581235.jpg
秋の野山の実の束

---
KiKusa
L'Art de Botaniqe

0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp



# by KiKusa-note | 2017-12-02 14:38 | KiKusa