<   2019年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

秋篠の森での個展 今週末の3月2日から


e0158628_19431925.jpg
TURUSU-石榴草

e0158628_19434433.jpg
TURUSU-這小糠草

e0158628_19444141.jpg
TURUSU-雀の槍

e0158628_19455795.jpg
TURUSU-榎

---

KiKusaの個展「大切なものは目に見えない」は、今週末の3月2日土曜から始まります。

野原や山森で蒐集した枝葉や草花でつくる吊るすオブジェ「TURUSU」と「花環飾り」など、100点ほどの植物作品での展示空間をつくります。
植物の力を感じていただける特別な空間になると思います。
作品は即売となりますので、お時間合う方は早めにいらしてください。


3月2・3日に開催の植物の会と料理の会「自然屑の宝もの」は、どちらの会も満席になっております。
ご予約くださった方、ありがとうございます。
秋篠寺への散策、子ども心でつくる自然屑の宝もの紡ぎ、料理会と、素敵な一日になると思います。

--

KiKusa 展

大切なものは目に見えないんだ
L'essentiel est invisible pour les yeux.

野原に低くしゃがみこんで見ると
生まれてから見たことないような美しい草むらに出会う
はやる気持ちでその景色をせっせと摘んで形を紡ぐ
ここの足下に一本の美しい草が生えることを知っている
それだけでもう十分幸せなんだと

-

2019.3.2sat. - 10sun.
休廊日 5tue.
会場 / 秋篠の森 月草
10:30 - 17:00

作家在廊日 3/2sat., 3sun., 4mon.
--

秋篠の森 月草

奈良市中山町1534
0742-47-4460
http://kuruminoki.co.jp

-------
KiKusa
L'Art de Botanique
tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp

by KiKusa-note | 2019-02-28 19:40 | KiKusa

木と草の学舎 二月〜五月のお知らせ

e0158628_21530576.jpg
蒲公英と小石

e0158628_21532177.jpg
KiKusa 2019 Calendar - 2月


野山の植物を、四季を通じて学ぶ場「木と草の学舎」は、
KiKusaのアトリエにて月一回で開催しています。

ご予約のお問い合わせをいただくので、お知らせします。
2〜5月の月曜開催はすべて満席になっております。
ご予約、ありがとうございました。
日曜開催につきましては、少し空き席がありますので、ご希望の方はぜひご予約ください。

午前の部も毎月楽しい企画が続きます。
2月は植物の名前を書写する時間の「植物写経」。
3月は白洲正子も訪れた山寺を散策する「山寺参り」。
4月は春の野山を散策する「植物散策」。
5月は早春の野へ「草叢散策」。 

午後の部の植物づくりは、2ヶ月かけてしっかりとした作品を作っていただきます。
2・3月は小粒金狗尾でつくる草の環か吊るすオブジェ。(ひと月のみのご参加も可)
4・5月は、紫陽花と草花のドライでつくる花の環。(2ヶ月続けてのご参加のみ)

---

KiKusa
Ki to Kusa no Gakusya

野から山から
木と草の学舎 - 二〇一九 冬~春

月に一度の季節の植物の学び舎。
野や山の自然な植物の美しさに触れる、知る、学ぶ、作る。
山小道や野の草叢にある美しい風景。
目で見て歩く、耳で聴いて覚える、指先から伝わる自然の感性が、私たちの暮らす世界の幅を広げてくれる。
四季の野山からの植物の愉しみを知る。

午前の部(10:30 - 12:30)
野山に自生する植物の姿を探しに出かける植物散策、木々や草花、土地の歴史から感性を養う時間。

午後の部(13:30 - 16:30)
草花や枝葉などの野山の植物に触れ、自然の美しさを見つけ創作する時間。花環やオブジェづくり。

--

日程

二月
. 2月24日(日)
. 2月25日(月)

午前の部
「植物写経 - 植物の名前」
写経のように野山の植物の名前を書写する。
紙に墨と筆と無心で美しい植物の名を書く。
自然と自分に向き合う時間。

午後の部
「草花の創作 - 小粒金狗尾(こつぶきんえのころ)-I」
金色の小さな穂の狗尾草で草の環か、吊るすオブジェのいずれかを作る。
二ヶ月かけて大きめをつくる一回目。
一回のみも可。(小さいサイズ)

e0158628_21522456.jpg

-

三月
. 3月24日(日)
. 3月25日(月)

午前の部
「歴史の植物 - 山寺参り」
伊勢の地の山寺へお参りに出かける。
先人の自然と向き合う歴史や信仰に触れ、私た
ちが受け継いでる文化を知る。

午後の部
「草花の創作 - 小粒金狗尾(こつぶきんえのころ)-II」
金色の小さな穂の狗尾草を環に留めて作る草の環、吊るすオブジェの創作。
二ヶ月かけて大きめをつくる二回目。
一回のみの方は小さめサイズ。

e0158628_21524444.jpg

-

四月
. 4月21日(日)
. 4月22日(月)

午前の部
「植物散策 - 春の野山」
山の木々は葉を広げ、野には草花が広がる春。
野山に自生する自然な姿を観察しに山小道を歩く。新緑を感じ春の植物の姿を知る。

午後の部
「風景の創作 - 紫陽花と草花-I」
萌えいずる春の山の風景を、花の環で創作する。
ドライの紫陽花と野の草花を使い、二ヶ月かけて深みのある花環作品を作りあげる一回目。

-

五月
. 5月26日(日)
. 5月27日(月)

午前の部
「草叢散策 - 初夏の野原」
初夏の光を浴びて野の草叢には美しい草花が輝く。
野を歩き草叢にしゃがみ込んで草花を観察し、採取してドライにする。草一本の美しさを知る。

午後の部
「風景の創作 - 紫陽花と草花-II」
春の山の自然風景を、花の環で創作する二回目。
ドライの紫陽花と野の草花を使い、二ヶ月かけて深みのある花環作品を作りあげる。

---

会場
KiKusa Atelier
三重県松阪市
(会場案内はご予約時にさせていただきます)

料金
午前と午後の部の一日ご参加 ¥7,500
午後の部のみご参加 ¥5,500
一日ご参加の三ヶ月分先払い
¥21,000(¥1,500 off)
(年間のどの月でもご参加いただけます)

午前と午後の二部制です。一日ご参加か、午後のみご参加が選べます。
一日ご参加の方はお弁当を持参いただきます。

遠方から電車でお越しの場合は松阪駅まで送迎もございます。
当日はKiKusaの作品もご覧いただけます。

ご予約、お問い合せ
メール  kikusa@mctv.ne.jp
電話  0598-67-0524
(電話の近くにいないことも多いので、長めに鳴らしてくださいね)

ご予約いただいた後にやむをえずキャンセルの場合は、
ご予約を別の月に振替していただけます。
満席の場合のキャンセル待ちもお受けできます。

-------
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax 0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp





by KiKusa-note | 2019-02-13 21:44 | KiKusa

KiKusa展/大切なものは目に見えないんだ

3月は奈良の秋篠の森 月草さんで個展を開催します。
月草さんでは6年ぶりの展示になります。

秋篠の森は、森の中にギャラリーとレストランがある素敵な場所。
その森に生えてる木々も好きな木が多くて散策にもお勧めなのです。
春が動き出す季節にどんな展示になるのか想像するとわくわくします。

今展の「大切なものは目に見えないんだ」は、サン・テグジュペリの
「星の王子さま」にある言葉。
大人には見えなくなってしまっている大切なこと、
はっきりとくっきりとしているものではないからこそ、
子どものように心を清らかにしてこの世界をしっかりと見つめなおしたい。

大切なことの何か手掛りとなるものを野山の枝から草から、
子どもごころの眼差しで感じる展示になればと思います。

山森や野原で蒐集した枝葉や草花からつくる花環飾りや吊るすオブジェを
100点ほど展示した空間をつくります。

そして3月2・3日は、岐阜の多治見のhoshizumiさんを招いて料理会を開きます。
KiKusaの植物を感じ・つくる時間と、hoshizumiの料理会をセットで楽しんで
いただく「自然屑の宝もの」という企画

近くにある美しいお寺「秋篠寺」へ出かけて枝葉や実などの自然屑探し、
子どもごころで自然の輪飾りをつくる。
そして自然の滋味を味わう料理会と、こちらもわくわくする企画です。

hoshizumiさんの素晴らしい料理を秋篠の森でいただく、
貴重な機会です。ぜひご予約ください。

3月の奈良は、東大寺二月堂の「修二会」が始まる季節。
こちらと合わせてぜひ奈良にいらしてください。

---

e0158628_12031422.jpg

e0158628_12032975.jpg

e0158628_12034200.jpg

e0158628_12035454.jpg


KiKusa 展

大切なものは目に見えないんだ
L'essentiel est invisible pour les yeux.

2019.3.2sat. - 10sun.
休廊日 5tue.
10:30 - 17:00

作家在廊日 3/2sat., 3sun., 4mon.


いっぽんの草
ひとすじの雲
ひと星の瞬き

ありありと
きらきらと
木と草のミクロコスモス

子供ごころのあどけなさが
記憶の底を流れる
通奏低音の風景を紡ぐ

-

野原に低くしゃがみこんで見ると
生まれてから見たことないような美しい草むらに出会う
はやる気持ちでその景色をせっせと摘んで形を紡ぐ
ここの足下に一本の美しい草が生えることを知っている
それだけでもう十分幸せなんだと


山森や野原で蒐集した枝葉や草花からつくる
花環飾りや吊るすオブジェが100点ほど並ぶ展示空間へ
大切な何かを感じにいらしてください
植物の会と料理の会
「自然屑の宝もの」

大人の目には屑のようにつまらないものでも、
子どもには宝ものに見える。
どちらが本当に美しさが見えているんでしょうか。
子どもごころの感性で自然の宝ものを紡いで輪飾りをつくる。
自然の滋味を味わうhoshizumiの料理会とあわせて、
植物と料理から自然の力をいただく。


3月2日(土)の会

14時〜 / KiKusa
「秋篠寺へ風景の植物散策」
秋篠寺の「東洋のミューズ」美仏・伎芸天を拝観、森や庭で自然屑を見つける

15時15分~ / hoshizumi
休憩(お茶とお菓子)

15時30分~ / KiKusa
「自然屑の宝もの紡ぎ」
野山の自然屑から輪飾りを創作する
料理会「息吹の種」
種からはじまる物語、お皿の上で種明かし


3月3日(日)の会

10時〜 / KiKusa
「秋篠寺へ風景の植物散策」
秋篠寺の「東洋のミューズ」美仏・伎芸天を拝観、森や庭で自然屑を見つける

11時15分~ / hoshizumi
休憩(お茶とお菓子)

11時30分~ / KiKusa
「自然屑の宝もの紡ぎ」
野山の自然屑から輪飾りを創作する
料理会「息吹の種」
種からはじまる物語、お皿の上で種明かし


参加料 ¥12000+税
(植物散策+秋篠寺の入場料+植物づくり+お茶とお菓子+コース料理)
各回10名様

ご予約は くるみの木 カージュ まで
0742-20-1480


e0158628_12043038.jpg

e0158628_12044207.jpg

自然屑の宝もの紡ぎ
野山の木の枝、葉っぱ、実、草花のかけらを
子どもごころの感性を思い出しながら
アンティークの麻糸で宝もののように紡ぐ
自然屑の輪飾り(まっすぐに吊るしても)

--
会場案内

秋篠の森 月草
奈良市中山町 1534
0724-47-4460
http://www.kuruminoki.co.jp

電車・バスをご利用の方は、近鉄「大和西大寺駅」より、
奈良交通バス押熊行き(2番のりば、1時間に約3本)に乗車。
約10分「平成中山」下車、バス進行方向にある小さい橋を渡って右へ。
秋篠川沿いを歩いて高架をくぐって左手に見えてきます。徒歩5分。

-
hoshizumi

岐阜県多治見市のやまのふもとで、
こじんまりとしたお店を夫婦ふたりで営んでいます。
きちんと手をかけ大切に育てられた食材。
その恵みに感謝と思いやりの気持ちを大切に調理します。
旬の素材そのものの持ち味や、
そこから感じられる季節のうつろいを
楽しんでいただけるよう心がけています。

http://hoshizumi.com
e0158628_12052249.jpg

-----
KiKusa
L'Art de Botanique

tel / fax     0598-67-0524
kikusa@mctv.ne.jp
https://www.instagram.com/kikusa2008




by KiKusa-note | 2019-02-08 11:55 | KiKusa